会社が本当に辛かった私からの
転職のススメ
エムネットくらうど

ボール盤でタッピング・穴あけをする方法

ボール盤

ボール盤でタッピングができる!

タッピング機能のついたボール盤に限りますが、ボール盤でタップを立てることができます

基本はボール盤にタッパーと呼ばれる、空回り・伸び縮みする遊びがついたチャックを付けるのですが、私の勤務先含め大概の会社では通常のドリルチャックでタッピングを行っています

本記事ではその方法を解説していきます。

準備

まずは下穴と面取りを行っておき、それからの手順になります。

タップ取り付け

※画像はモノタロウ様HPより引用

はじめにボール盤のドリルチャックにタップを取り付けます。(もちろんタッパーを使っても構いません)

タップには、主にスパイラルタップとポイントタップ(ストレートタップ)があり、以下の用途によって使い分けます。

ポイントタップ→切りくずが下に出るため、貫通穴で使用する。

スパイラルタップ→切りくずが上に出るため、止まり穴で使用する。ポイントタップより強度が低い。

画像のように、ポイントタップはまっすぐの形で、スパイラルタップはドリルのようなねじれた形状をしています。

今回は止まり穴としますので、スパイラルタップを使います。

モードの変更

タッピング機能付きボール盤には、タッピングモードと穴あけモードがあります。

通常の穴あけモードと違い、タッピングモードは設定した長さまで送ると逆転に切り替わります

今回はもちろんタッピングモードに設定します。

切削条件の設定

基本的に、ボール盤の切削条件はHIとLOWの切り替えしかおこないません。(この変速機構がないボール盤もあります)

タッピングは通常のドリルと違って負荷がかかるため、なるべく切削抵抗を減らすためギアはLOWにします。

ベルトの位置を動かすことによって回転数の調節が可能ですが、ひとまずは一番低い回転数に設定しておけば間違いありません。

ワークの取り付け

ボール盤のバイスにワークを取り付けます。

このとき、バイスはボール盤のテーブルには固定しません。バイスを手で動かして、タップとワーク下穴の位置を馴染ませられるようにするためです。

そして、テーブルを動かしてワークの高さを調節するのですが、注意するのはタップ先端とワークは、指1~2本分程度離すことです。

そうしなければ穴が複数箇所あっても1箇所しかタップを立てられません。

タップがスタート位置に戻っても正転に戻ってくれない可能性があるからです。

ボール盤でタッピングをする場合、設定した長さまでタップを送ると自動的に逆転に切り替わります。

こうして逆転してタップを抜き、タップをスタート位置に戻すと逆転から正転に戻ります。

この正転に戻る過程に、十分な高さが必要なのでワークとタップ先端の間にはある程度の距離が必要なんです。

タッピング深さの設定

※モノタロウ様HPより引用

ボール盤にはメモリがついており、タッピングの深さを設定することができます。

ここで設定した点で、ボール盤は正転から逆転に切り替わります。

ここでのポイントは、求めるタッピング深さに加えてタップ不完全部の深さを考慮することです。

例えばピッチ1.5で不完全部が6山分あったとすると、1.5×6=9mm分余分にタッピング深さを設定する必要があります。

不完全部は、ノギスを使って大体を測定することができます。

素振りを行う(試運転)

設定した穴深さが正しいか、素振りを行います。

ワークのないところでハンドルを送ってみて、大体目的の深さで正転から逆転に切り替わるかを確認します。

切削油を塗って、切削

タップが折れないように潤滑性を得るために、必ず切削油を塗ってからタッピングを行います。

モノタロウ様より引用

使う油はステンコロリンという塩素系の油です。勤務先ではステンだけでなく鋼材にもこの油を使っています。

これを塗るだけでステンでもかなりタップが折れにくくなります。一方塩素系ですので錆びやすいというデメリットもあるので気をつけましょう。

ハンドルを送る力加減ですが、送るときは強め、戻すときは添えるだけです。

送るときに弱めに送ってしまうと、タップは入り込もうとしているのにハンドルが追い付かず、

バイスが浮き上がってしまうことがあります

戻るときは逆転ですので、力を入れなくても自然に抜けてくれます。ハンドルを持つ手は添える程度で大丈夫です。

ただしM3以下のような細いタップでは、かなり折れやすいため逆にできるだけ弱い力で送るようにしましょう。

タッピング時の注意点

バイスをしっかり押さえておく

タッピングは、想像以上に負荷がかかる加工です。

ワークがタップに引っ張られてバイスが回転してしまうことがあるので、ハンドルを送るのとは反対の手でしっかりバイスを押さえておきましょう

怖い場合は、バイスが一定以上回らないようにするピンを、テーブルに設置しておくとよいです。

ハンドルとテーブルの干渉に注意

ワーク設置時に、テーブルの位置を調整し忘れると、ボール盤のハンドルにテーブルやバイスが当たってしまうことがあります

こうなってしまうと、タップは回転しているのに機械が送られない状態となり、バイスが浮き上がるか、タップが折れるかネジがつぶれます

危険なので、必ずテーブルとハンドルが干渉しないかはチェックしておきます。

軍手が巻き込まれやすいので注意

タップには、軍手のような布が引っかかりやすいです。

巻き込まれて大変危険なので、軍手をしての作業は決して行わないようにしましょう。

機械加工の気をつけるべき事故について下の記事にまとめています。機械を扱う方は知っておいたほうが良いことばかりですので、ぜひ読んでみてください。

【安全作業】汎用・NC旋盤で本当に一番気をつけなければならないこと
あなたは、旋盤加工を行う上で一番大切なことは何だと思いますか?納期?品質? いえ、いちばん大切なのは安全です。どんな行動が危ないかを知っておくことで事故も未然に防げますので、この記事では旋盤を扱う上で気をつけるべきことを書...

(参考)ボール盤で穴あけをする方法

順序は逆になってしまいましたが、ボール盤で穴あけを行う方法も簡単にご紹介します。

基本はタッピングと同様です。

準備として、ポンチやセンタドリルを使って心もみはあらかじめ行っておきましょう。

まずはワークの取り付けです。丸棒でしたらVブロックなどを使い、板ものでしたら直接バイスでつかんでやればOKです。

それが済んだら深さの設定をします。

止まり穴でしたらタッピングと同様に、主軸を回転させずにワーク端面にドリルを当て、その状態でメモリを合わせます。

そして素振りをして、穴あけを開始します。細い径のドリル以外は意外と力がいります。

また、加工硬化(焼付き)やカジリの原因になりますので、適宜油を塗りながら穴を開けていきます。

塗るのはタッピングでも紹介したステンコロリンです。

止まり穴でしたらメモリで設定したところでドリルが止まりますので、それで穴あけ完了です。

貫通穴の場合、貫通する瞬間に力を入れすぎていると送りが大きくなりすぎてドリルを傷めますので抜けるときは力を入れすぎないようにします。

タッピング・穴あけともに、例え軍手をしていなくても巻き込まれる危険がまったくないわけではありません。やばいと思ったらすぐにボール盤の「停止」ボタンを押すようにしましょう。

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)くらうど。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネットくらうど

<日本ツクリダス㈱より→インターネットラジオが公開されました!>

聞いてみましたが和やかな雰囲気で親しみやすく、それでいて町工場の中身も知れる面白い内容です! 会員登録など不要で無料で聞けますので気になった方はぜひ聞いてみてください(^^

「会社に行きたくない人」に私が全力で転職を勧める理由

ここからはかつての私のように苦しんでいる方へのメッセージです。

あなたは「会社に行きたくない」と思いながら嫌々出社していませんか?

かつての私もそうでした

仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なく、それでも我慢して出勤していました。

ですが、会社にいる時間が人生で最も長い時間です。

その時間が充実していないなら人生そのものが惨めになるということです。

もしあなたが

・自分のやりたい仕事ができない

・自分の好き・得意を武器にした専門性を伸ばせない

・いつまでも会社が守ってくれるとは限らない

こう感じているなら、ぜひ自分のやりたい仕事や、専門性を活かした仕事への転職を検討してください。

自分の専門性を伸ばせれば、会社に万一のことがあってもつぶしが効きます。

私は思い切って転職してから人生が変わりました。

インフラ大手企業幹部候補→国家公務員総合職試験合格→零細町工場

という異色の経歴を歩んできた私ですが、あのとき転職の決断ができて本当に良かったと思っています。

自分のやりたい仕事、専門性がわからない・・・」

それは当たり前のこと。これらは転職活動をしてみて初めて分かることだからです。

転職エージェントと話をして第三者の目線から質問を受けて回答を考えたり、

履歴書・面接準備をしたり、人事と話をしたり・・・

そういうプロセスを経ることで自分の強みや弱みが分かってきます。

私の経験上、誰もが必ず自分の専門性の種を持っています

会社がそれに気づかず、伸ばそうとしていないだけです。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです。

良い求人がなければ転職しなければいいだけですから。

私がおすすめする製造業専門の転職エージェント(メイテックネクスト)は今すぐ転職しなくても電話でのキャリア相談だけでもOKというところです。

「〇〇という専門性を磨きたい」「このキャリアプランについてアドバイスがほしい」

こういった聞き方をするだけで力になってくれます。

エージェントに直接聞いたのですが、このコロナ禍で転職活動をする人が少なく、優良求人が余って逆にチャンスになっています。

一つ注意点として、私は大手からいきなり零細町工場に転職しましたが、大手から零細企業に転職するのは非常に簡単な一方逆は難しいという現実がある以上、まずは大手企業に転職することをお勧めします。(参考記事:零細企業はやばい”は本当?

とはいっても、中途で大手に正規雇用で就職するのは難しいというイメージはありますよね。

実は製造業に限っては意外と簡単に大手企業に就職することができてしまいます

私も転職時に活用したメイテックネクストでは、ものづくり系職種に絞られる分好条件の大手の非公開求人が多いため、この転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

サイト自体の知名度がそれほど高くなく、電話面談が必須ということから良い条件の求人の倍率が低いのが特徴で、穴場の転職支援サイトです。

私がそうであったように、あなたの得意も必ずあります

あとは行動を起こす勇気だけ。この文章をきっかけに、少しでもあなたの人生が良い方向に進めば嬉しいです。

マシニングセンタ技術
旋盤工のTAKのブログ

コメント