金属材料って、温度変化でどのくらい伸び縮みするの?材種ごとに教えます!

金属材料は熱すると伸びて、冷えると縮む。このことは、金属加工をやってる人なら誰しもが体験することかと思います。

ですが、具体的にどのくらい伸び縮みするかというと、すぐには答えられない方が多いのではないでしょうか?

100mmの棒が10℃上がるとこれだけ伸びる!

温度変化

100mmの棒が10℃上がると、下記の分だけ伸びます。

  • 鉄:0.012mm
  • ステンレス(SUS304):0.017mm
  • アルミ:0.024mm

ご覧いただくとわかるように、10℃の温度差があると、厳しめの寸法公差なんて簡単に外してしまいますよね。

大きいワークで厳しい公差が入っている場合、測定温度に注意しなければなりませんね。

また、アルミは鉄の倍伸び縮みします。アルミを加工する場合は特に注意が必要です!

熱でどのくらい伸び縮みするかは簡単に計算できる!

例えば全長725mmの鉄の製品に+-0.01の公差が入っていて、今の気温が27℃のとき、20℃で公差の真ん中に入るようにするにはいくつで仕上げればいいの?

となったとき。熱での伸縮量は、意外と簡単に計算することができます。(答えは+0.061mm)

伸縮量の計算式はこちら

伸縮量(mm)=長さ(mm)✕下表の熱膨張係数✕温度の変化量÷1000000

熱膨張係数
熱膨張係数の表

計算式にでてくる熱膨張係数は表の通り。紙でごめんなさい(^^; クリックで拡大できます。

また公式に自分であてはめても構いませんが、下記の計算サイトで計算したほうが簡単です。

計算できるサイト(湯本電機)に、変化する温度と材料の長さ、そして上記の材料に対応した熱膨張係数を入力してやれば、簡単に計算できますよ。

測定器も伸び縮みするので注意!

例えばSS400を標準温度の20℃で100.000mmになるように仕上げたい場合。

「30℃の環境だからマイクロメータで測って100.012mmになるように仕上げました!」

とするのは間違いです

そのわけは、マイクロメータ自体も温度によって伸び縮みするから。

実際に現場でものを測るときは、測定器自体の伸縮も加味しないといけません。

ブロックゲージ等の寸法ゲージを使って比較測定すればOK

そこで活躍するのが、ブロックゲージ等の寸法ゲージです。

ブロックゲージ等のゲージは、標準温度で寸法が正しく出るようにつくられています

なので、例え0℃でも40℃でも100mmのゲージでマイクロを校正し、そのマイクロで部品の寸法を測って100.000の値になればOKということです。

ただこれは、測定器の温度とワークの温度が同じ場合の話です。

なので細かい話をすると、別の部屋で測定を行う際なんかは測定器の温度と測定するワークの温度合わせをしなければ、正しい寸法は出ません

また、これはゲージとワークの材質が同じでないと成り立たちません。

ゲージは大抵鋼でできていますので、暑い・寒い環境でアルミなんかを測定する際は、先程説明した熱膨張係数の計算を使ってゲージと比較測定してやると正確に測定することができます。

うまく温度をコントロールしながら加工しよう

汎用機は、基本はクーラントで冷ませばOK

温度による具体的な寸法の変化が分かったところで、加工の話です。

NC機だと常にクーラントを使っているので気になりませんが、汎用機はドライカットが基本になりますので、荒削りをしているとワークの温度がどんどん上がっていきます。

クーラントをかけたときに「ジュ〜ッ」と音がするところをみると100℃以上に上がっているのでしょうか。

普段汎用機を使っている人にとっては当たり前のことですが、仕上げ加工の前には必ずクーラントをかけてワークの温度をしっかり室温に戻してから仕上げ加工を行うことが大切です

NC機はクーラントの温度上昇に注意

また、NC機だからといって安心はできません。

NC機で数物をやっているときに、クーラントがどんどん暖かくなってきたという経験はありませんか?

クーラント自体の温度が上がってしまうと、当然仕上げ寸法もズレてきます。

クーラントが温まってきたと感じたときは、必ず製品を室温に慣らしてから測定し、公差に入ることを確認するようにしましょう。

現場では基準にとらわれず臨機応変に加工する

一応は国際基準(ISOの標準基準温度)で測定は20℃で行うことが決まっています

ですが私の勤務先では、厳しい公差の場合、納品先の測定環境や好みに合わせて仕上げ寸法はある程度調整しています。

仮に図面通りに、20℃で公差にばっちり入るように加工したとしても、夏に30℃で測定されるかもしれません。

設計次第ではうまく組み付かないかもしれません。

そもそもメッキが乗って公差から外れるかもしれません。

ここが加工屋の難しいところの一つだと思いますが、図面に書かれるがまま作るのではなく、お客さんが求めるものを作るというのが私の勤務先のスタイルです。

こういった寸法変化の基礎を知った上でお客さんのニーズに合った寸法に仕上げられると、ワンランク上の製品に仕上がると思います(^^

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネット

 

出社するのが辛いあなたへ。会社を辞めて黙々と工作をする生き方のすすめ


会社に行きたくない。でも生きていくにはお金が必要。だから会社を辞められない


「副業してお金を稼げるようになって脱サラしてやる」と副業に挑戦してみるも、逆にそれが自分には難しいということを痛感させられて終わる。


そして苦しみながら明日も明後日も出社する・・・・



これ、全部大企業の幹部候補として働いていた頃の私のことです。



この苦しみの連鎖をなんとか断ち切りたいと私が取った行動は

総人数6人の零細企業に転職して旋盤工になるという選択でした。



結果、現在本当に幸せな人生を送っています。



人数の内訳は経営者一族が4人、私を含めた社員が2人です。


転職してから約5年経ちますが、社長一族は社員を家族のように扱ってくれるので、出社するのは家に帰るような感覚です。


仕事内容は、1日中NC旋盤と汎用旋盤で金属部品を作るだけ。


これがまた楽しい。工作をしているような感覚で、技術も身につきやりがいも感じます。


職人仕事なので、会社の中で人と話す機会も多くないです。


年収は現在29歳で、残業なしで420万ほど。残業の多い年は500万を超えます。年5000〜1万円くらいしかお給料は上がりませんので多いとは言えませんが、生活していくには十分です。


普通の会社だと異動になって人間関係が悪くなると逃げられませんが、手に職ついた私であれば、万が一環境が変わって人間関係が悪くなったり、倒産してしまっても同業他社に就職することができます。



どうですか?



幸せな人生って、あなたに一歩踏み出す勇気さえあれば意外と簡単に手に入るんです。 


機械加工の職人仕事は今人手不足なので、30代はもちろん例え40代未経験でも十分間に合います。


私が勤めているような零細企業は全国にたくさんあります。 


私が転職に使ったサイトの中で、一番良いと思ったメイテックネクストというものづくりエンジニア専門の転職サイトのリンクを張っておきますので、まずはあなたの地域にいい会社があるかどうか電話面談で聞いてみてくださいメイテックネクスト


今メイテックネクストを見るという小さな行動が、1年後のあなたを大きく変えるかもしれません。


かつての私のように苦しんでいるあなたの人生を変えるきっかけになれば嬉しいです。


追記

ものづくり系以外に興味があるなら、今なら最王手リクルートの就職shopが一番おすすめです。 こちらも電話面談で求人を紹介してもらえます。就職Shop

電話面談がおすすめですが、それはハードルが高いと言う方はリクナビNEXTに載っている求人を見るだけでもいいです。まずは行動を起こしてみてくださいね。

求人のお知らせ

日本ツクリダス㈱より求人のお知らせです。

日本ツクリダスは金属加工業の町工場ですが、加工だけでなく製造業向けソフトウェアの開発販売やWEB制作サービスも提供している会社です。

職種は製造職(NCフライスもしくはNC旋盤)と営業職、ブログライターの3種類。場所は大阪府堺市です。

普段から社長のtwitterを拝見しているのですが、本当に楽しく仕事ができそうな環境です。

詳しくはこちらのリンクからどうぞ!

NC・汎用旋盤技術マシニングセンタ技術職業訓練
旋盤工のTAKのブログ

コメント