【汎用フライス盤】T溝加工の方法

総合課題でT溝加工がでてきます。そこで今日の職業訓練では、その練習のためにT溝加工を集中的に学習しました。

今回削った部品はこちら

 

T溝加工したもの

練習なので図面はありません。

段加工まですでにできている状態で、そこから3.5×8の溝を掘っていきます。

Tスロットカッタ

ちなみにこちらがTスロットカッタ。

今回はφ30×7のものを使います

Tスロットカッタは、通常のエンドミルと違って刃がまっすぐについています

そのため、刃が材料に当たった時の衝撃力が強く、エンドミルと比べてだいぶ切削条件を落としてやる必要があります

今回は、切削速度20、1刃送り0.02で削りました。

T溝加工の手順

 

 

T溝加工の板書1 T溝加工の板書2

板書のような手順で加工していきます。

1.カッタ合わせ

2.荒加工

3.下側中仕上げ

4.下側仕上げ

5.上側中仕上げ

6.上側仕上げ

以下、ポイントを述べていきます。

仕上がった面へのゼロセットはマジックを使って

既に仕上がった面にゼロセットしたいと思ったことはありませんか?

そのようなときは、ゼロセットしたい面に厚めにマジックを塗り、そのマジックをこする点でゼロセットを行うとよいです。

衝撃力が強いTスロットカッタは、アップカット・ダウンカットに注意して

台形ねじや角ねじが使われている、ボールねじ以外のフライス盤では、必ず荒加工はアップカットで削りましょう。

以前述べた理由から

アップカットとダウンカットの使い分け

衝撃力の強いTスロットカッタでこれを間違えると、刃物が折れて吹っ飛んでしまう可能性があります

 

Tスロットカッタの寸法を測定しておく

初めに削る前に、Tスロットカッタの寸法を測定しておきましょう。

Tスロットカッタは、エンドミルと違って作るのが難しいです。

そのため、Tスロットカッタ自体の寸法公差も甘くなっています。

悪ければ0.1mm単位でずれていることもあるそうなので、念のためノギスで測定しておきましょう。

 



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
マシニングセンタ技術
キカイネット

コメント