会社が本当に辛かった私からの
転職のススメ
エムネットくらうど

マシニングセンタで、工具を選ぶときのポイントは!?削る材種が大切!

今日の訓練では、材種の話をメインに刃物の選び方を学びました。

一言に工具といっても、様々な素材があることに驚かされました。

工具を選ぶときは、刃物の材質を初めに決める

工具硬さ

これが工具材種ごとの硬さの図です。

上に行くほど材質が固くなっています。

ここで、初心者はこのように思ってしまいます。

「一番硬いダイヤモンドなら何でも削れるんじゃないか」

しかし、先生がダイヤモンドでSS400を削ったところ、2秒で刃がなくなってしまったそうです。

鉄は炭素とすごく仲がいいです。

例えば鉄を熱して炭素と結合させ、急冷すると、構造が変わり、強くなります。

ダイヤモンドでSS400を削ったことによって、刃先でこの現象が起きてしまったんですね。

SS400の鉄にダイヤモンドの炭素が結合してしまい、ダイヤモンドがなくなってしまったわけです。

仕事をするにおいては、カタログを見れるようになることが大切

刃物選びは、実際に働くにおいて、非常に大切なことす。

まずはカタログの見方を見てみましょう。

初めのページでは、会社独自の工具材料を紹介しています。

その種類は膨大で、超鋼だけでも5000種以上あります。

例えばタンガロイ。初めに鋼を削る材種としてTX10Sなどがあります。

皆さんは、ISO基準で定められた基本の6つの材種をご存知でしょうか?

P:鋼

M:ステンレス

K:鋳鉄

N:非鉄金属(銅やアルミ)

H:焼き入れ鋼(熱処理していてめちゃくちゃ硬い)

S:耐熱合金

以上の6つの材種によって、適切な工具材種を選択する必要があります。

工具メーカーは、それぞれの材種を削るのに適した工具材種を自社で作っているということです。

工具素材で、削れる材種は大きく異なります。

例えばタンガロイの場合、超鋼合金であれば以上6つの全ての材種を削れるのですが、

サーメットではそうはいきません

先生は、以前初めてステンレスを削った際、鋼切削の勝ちパターンで、サーメットを使ったそうです。

しかし、サーメットで3パスけずったら、刃がボロボロになりました。

その理由は、ステンレスは熱伝導率がとても悪いからです。サーメットはチタンなのですが、それもステンレス以上に熱伝導率がわるいです。

鉄の場合、熱が伝わりやすいため熱が逃げやすいです。

しかし、ステンレスもサーメットも熱伝導率が悪いため、熱の逃げ場がなく熱されすぎて、切削点がとけてしまっていたのです。

サーメットでけずれるやつ

この表は、サーメットの工具で削れる材種です。

P:鋼とK:鋳鉄しか載っていませんね。

硬い工具なのに、ステンレスは削れないんです。

その理由が、熱伝導率だったんですね。

正面フライスではクーラントを出さないが、アルミはそうとも限らない

アルミが相手だと、ダイヤモンドは無敵と言われています。

アルミと炭素はあまり仲がよくないので、鉄のように、炭素が吸収されることがありません。

値段は高いのですが、摩耗しにくいので、長く使用することができます。

しかし、ポリテクセンター中部では、ダイヤモンドは高くて買っていないとのことです。

そこで実習で使ったエンドミルは、DLCコート超鋼工具です。

DLCとは、ダイヤモンドライクカーボン。ダイヤモンドほどではありませんが、ダイヤモンドに似せた構造をしており、大変硬く、素材がくっつきにくいです。

アルミはくっつきやすい素材です。構成刃先の原因になります。

そこで、くっつきにくいDLCコートの刃物を使いました。しかし、それでもまだくっつくかどうか不安です。そこで、油をかけて油膜をつくって、よりくっつきにくくしたわけです。

これが正面フライスで、鉄ではかけないクーラントを、アルミではかける理由。

くっつきにくさが、熱による刃物の摩耗よりも優先されたということです。

余談になりますが、ダイヤモンドは鉄と仲がいいのですが、ルビーはアルミと仲がいいとのこと。

つまり、ルビーは鋼を削るには最強の工具材種なんです。

ちなみにサーメットの語源は、セラミックとメタルの中間ということで、言葉をくっつけたものです。

新しい素材なんですね。

工具のことで問題がおきたらこの技を使え

工具のことは工具のプロに任せましょう。

工具メーカーには、大抵サポートセンターがあります

「今こういう材料を削っていて、こういう問題が起きたのですが、どうすればいいですか?」

そういうきき方をすれば、大抵教えてくれます。

是非活用してみてください。

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)くらうど。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネットくらうど

<日本ツクリダス㈱より→インターネットラジオが公開されました!>

聞いてみましたが和やかな雰囲気で親しみやすく、それでいて町工場の中身も知れる面白い内容です! 会員登録など不要で無料で聞けますので気になった方はぜひ聞いてみてください(^^

「会社に行きたくない人」に私が全力で転職を勧める理由

ここからはかつての私のように苦しんでいる方へのメッセージです。

あなたは「会社に行きたくない」と思いながら嫌々出社していませんか?

かつての私もそうでした

仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なく、それでも我慢して出勤していました。

ですが、会社にいる時間が人生で最も長い時間です。

その時間が充実していないなら人生そのものが惨めになるということです。

もしあなたが

・自分のやりたい仕事ができない

・自分の好き・得意を武器にした専門性を伸ばせない

・いつまでも会社が守ってくれるとは限らない

こう感じているなら、ぜひ自分のやりたい仕事や、専門性を活かした仕事への転職を検討してください。

自分の専門性を伸ばせれば、会社に万一のことがあってもつぶしが効きます。

私は思い切って転職してから人生が変わりました。

インフラ大手企業幹部候補→国家公務員総合職試験合格→零細町工場

という異色の経歴を歩んできた私ですが、あのとき転職の決断ができて本当に良かったと思っています。

自分のやりたい仕事、専門性がわからない・・・」

それは当たり前のこと。これらは転職活動をしてみて初めて分かることだからです。

転職エージェントと話をして第三者の目線から質問を受けて回答を考えたり、

履歴書・面接準備をしたり、人事と話をしたり・・・

そういうプロセスを経ることで自分の強みや弱みが分かってきます。

私の経験上、誰もが必ず自分の専門性の種を持っています

会社がそれに気づかず、伸ばそうとしていないだけです。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです。

良い求人がなければ転職しなければいいだけですから。

私がおすすめする製造業専門の転職エージェント(メイテックネクスト)は今すぐ転職しなくても電話でのキャリア相談だけでもOKというところです。

「〇〇という専門性を磨きたい」「このキャリアプランについてアドバイスがほしい」

こういった聞き方をするだけで力になってくれます。

エージェントに直接聞いたのですが、このコロナ禍で転職活動をする人が少なく、優良求人が余って逆にチャンスになっています。

一つ注意点として、私は大手からいきなり零細町工場に転職しましたが、大手から零細企業に転職するのは非常に簡単な一方逆は難しいという現実がある以上、まずは大手企業に転職することをお勧めします。(参考記事:零細企業はやばい”は本当?

とはいっても、中途で大手に正規雇用で就職するのは難しいというイメージはありますよね。

実は製造業に限っては意外と簡単に大手企業に就職することができてしまいます

私も転職時に活用したメイテックネクストでは、ものづくり系職種に絞られる分好条件の大手の非公開求人が多いため、この転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

サイト自体の知名度がそれほど高くなく、電話面談が必須ということから良い条件の求人の倍率が低いのが特徴で、穴場の転職支援サイトです。

私がそうであったように、あなたの得意も必ずあります

あとは行動を起こす勇気だけ。この文章をきっかけに、少しでもあなたの人生が良い方向に進めば嬉しいです。

職業訓練
旋盤工のTAKのブログ

コメント