オークママシニングセンタのプログラム。まずはこれを覚える!

マシニングセンタを使えるようになるためには多くのことを覚えなければなりません。

その中で、まずはじめにできるようになる必要があるのがプログラムです。

様々なプログラムを作る必要がありますが、全ては基本的なプログラムのテンプレートを変形させてプログラムを完成させます。

プログラムの基本形を以下に記しておくので、参考にしてください

オークママシニングプログラムの基本のテンプレート

以下の図面のプログラムをつくります。

プログラムの例題図面

上の図面で、赤い部分をφ10のエンドミルで切削するとすれば以下のようになります(荒の工具がT4、仕上げがT7とする、一回目なのでZ寸法は−0.1としています)

G15H2
T4M6
G90G0X70Y-30T7
G56H4Z100
S1000M3
M8

G0Z2
G1Z-0.1F1
G42G1X60D4F2
G2X70Y-20R10
G1X95Y-10
Y10
G40G1X105
G0Z100M9
M
5
M2

上のプログラムを覚えてしまえば大抵のプログラムは作れる

上のプログラムさえ覚えてしまえば、太字以外の部分を変えるだけで大抵のプログラムは作れてしまいます

例えば最もよく使う高速深穴サイクルでは、

NCYL G73 Z_ R2 Q1 F_
CALL O1

を上の例の細字の部分に入れてしまえば完成します。

あとは慣れて、スピードを上げていくだけです。

上のプログラムでこんな動きをします

このように開始点から左に動かしながらG42の工具径補正をかけ、アプローチ円を描きながらエンドミルがワークにあたるようになっています。

アプローチ円を描くことで、ワークとエンドミルが急に食い込むことがなくなるため負荷が少なくなり、切削開始点の継ぎ目が目立たなくなります。

その後切削を完了したら右側に移動しながら工具径補正をキャンセルして完了です。

ちなみにG42はアップカット、G41はダウンカットになります。

本記事ではアップカットを使っていますが、基本的にダウンカットの方が刃物の寿命は長くなります。

アップカット、ダウンカットについてはこちらで詳しく解説しています!

プログラムの意味を順番に解説します

プログラムは、ただ暗記してもその意味が分かっていなければ意味がありません。

上のプログラムがどういった意味を示しているのか説明するので、理解した上で覚えるようにしましょう。

ここからのプログラムの解説は、上記のプログラムを印刷していただき、その紙を見ながら読んでいただきたいです。

G15H2→2番の原点を使えという意味

プログラムの一番初めに必ず使うのがG15です。

G15は、マシニングセンタに保存された原点を呼び出すコードです。

オークマのマシニングは、4つの原点を保存することができます

その4つの原点がそれぞれH1,H2,H3,H4です。

ちなみに私の担当しているマシニングセンタは古い機械なので原点が4つしか保存できませんが、最近の機械はもっと多くの原点を保存できます。

勤務先のマシニングでは、バイスの固定部の口金をY軸の原点にする場合は2番の原点を使っているので、H2としています。

同様に、三番の原点を呼び出したい場合G15H3、四番の場合はG15H4になります。

T4M6→4番の工具に交換しろという意味

T4のTはtool(ツール)の頭文字です。つまり4番の工具という意味

そして、M6は、工具交換を行えという意味です。

勤務先のマシニングセンタでは、4番にφ10荒用のエンドミルをつけているため、T4としています。

同じように、10番の工具に交換したい場合はT10M6となります。

G90G0X70Y-30T7→アブソリュート指令でX70Y-30の座標まで早送りで移動し、7番の工具を待機

G90というのは、座標指示をアブソリュート指令で行うという意味です。

もし現在の座標がX10Y10だったとして、アブソリュート指令でX70Y-30と指示すると、X70Y-30の座標を示します。 当然のことに思えるでしょうが、アブソリュートに対してインクリメンタル指令という指令方法もあり、その場合は、同様に指示するとX80Y-20の座標を示します。ちなみにインクリメンタルは、現在地から加算される指令方法です。

基本はアブソリュート指令しか使いませんので、G90だけ覚えておけば大丈夫です。

そして、G0X70Y-30というのは、X70,Y-30の座標に早送り移動するという意味です。

G0が、早送りの指示になります。

T7は前項で説明したとおり、7番の工具という意味です。今回のようにT7とだけ入力すると、ATCマガジンにて7番の工具を待機位置に移動しろという意味になります。

G56H4Z100→4番の工具長補正を呼び出してZ100へ移動

G56は、工具長補正を呼び出すGコードです。

当然ですが、工具は種類によって長さが違いますよね。その長さを機械に教えてやる必要があります。

それが工具長補正です。

今回は4番の工具を使っており、4番の工具長補正を使うためH4です。

同じように、例えば10番の工具長補正を呼び出したい場合は、G56H10となります。

このときあらかじめ、機械の工具データ設定欄(例においてはH4の欄)に補正値を入力しておく必要があるため注意しましょう。

そしてZ100は、Z100の座標に早送りで移動させる指示です。

ですが、先程は座標の前に入っていたG0が入っていないですね。

それはG0が、一度入力すればその後上書きされるまでずっと有効な指示であるためです。

このG0ような一度入力すればその後指示が継続されるプログラムを「モーダルといいます。

G0だけでなく、G1やG2もモーダルですので、有効活用すれば文字数を減らすことができます。

Z100に一度動かすのは、高さをチェックするためです。

もし工具長補正に入力した値が間違っていたり原点を間違っていた場合、Zをマイナス方向に動かしたときにワークやバイスにぶつかってしまう可能性がありますよね。

そのような間違いがないことを、Z100に動かすことで確認します。

私の場合は、Z100に動いた工具に100mmのブロックを当て、高さが間違っていないことを確認しています。(このブロックをあててチェックする工程は、経験を積めばぶつかる前に感覚で確認できるため、省略することができます。)

S1000M3→1000回転で主軸を正転

S1000とは、回転数を1000回転とする指示です。

同じように、500回転であればS500になります。

M3は、主軸を正転させる指示です。

これらの指示で、主軸が1000回転で回り始めます。

M8→クーラント吐出

M8は、クーラントを出す指示です。

G1Z-0.1F1→F1の送り速度でZ-0.1の座標まで切削送り

G0Z2については、先程説明したとおりの早送りなので省略します。

G0が早送りであるのに対して、G1は切削送り(モーダル)ですFで指定した送り速度で工具を送る指令です。

Fは例えばF100であれば、100mm/minの送り速度を表します。

なので今回はF1なので1mm/min・・・かというとそうではありません。F1,F2,F3,F4は、マシニングの4つの送り速度ダイヤルに割り当てられており、例えばF1とすると、1番の送りダイヤルで指定した送り速度になります。

ダイヤルで送り速度を調節できるようにすることで、加工中でも自由に送り速度を調節することができます。

ちなみにFの指令もモーダルです。

なので、G1Z-0.1F1は、F1のダイヤルで指定した送り速度で、Z-0.1の座標まで切削送りをするという指令になります。

このダイヤルは、最近の機械では2つしか無い場合も多いです。その場合はF1とF2しか使えません。

G42G1X60D4F2→4番の工具径補正を使い、送り速度F2でX60の座標に接するように補正

G42とは、工具径補正のことです。私の勤務先では、表面をきれいにするために主にアップカットを使うので、ダウンカットのG41よりもアップカットのG42を主に使います。

ですが、一般的には工具寿命が長くなるダウンカットをおすすめします。

アップカットダウンカットの説明はこちら

アップカットのG42では、工具が指定した座標の右側に接するように移動します。X座標も入力してあるのは補正をかける際に移動が生じるからです。

そのとき必ずD番号を指定するようにします。D番号に入力した補正値で、工具径補正がかかります。

今回は4番の工具を使っているため、工具データ設定欄のD4に入力した径補正値を呼び出しています。(φ10荒のエンドミルで、径補正値は5.5と入力しています。)

そしてF2は先程説明したとおり、ダイヤルの送り速度です。

G42指令

上記のように、G42指令を行う前は、エンドミルの中心に指令した座標がきていましたが、G42指令を行うと、エンドミルの左端に指令した座標が来るようになります。言い換えると、指令した座標の右側にエンドミルが接するように移動するということです。

以上をつなげると、G42G1X60D4F2という指令は、4番の工具径補正を使い、送り速度F2でX60の座標にエンドミルが接するように補正ということになります。

G2X70Y-20R10→X70Y-20をめがけて時計回りに半径10の円弧を描いて切削送り

G2,G3は円弧補間と呼ばれるGコードです。

G1は直線の切削送りでしたが、G2、G3は円弧の切削送りです。

G2は時計回りの円弧、G3は反時計回りの円弧で、G2X70Y-20R10のように、座標と、描いてほしい半径をRをつけて指示します。

G40G1X105→工具径補正をキャンセルし、X105の座標に切削送り

G1X95Y-10
Y10

は上で解説したプログラムなのでわかりますね。 これらのプログラムで切削が終わりました。

ですがG42の工具径補正はモーダルですので、キャンセルしてやる必要があります。

その工具径補正キャンセルするコードがG40です。

G42を使ったときのように、移動が生じますので移動先の座標を入力しなければなりません。

そのためG40G1X105となります。X105の座標に切削送りしながら工具径補正をキャンセルしてくれます。

G0Z100M9→Z100に早送りし、クーラントを停止

工程の終わりにつけるきまり文句です。

M9は、出ているクーラントを止めるという指示です。

そしてぶつからないようにZを100まで上げます。

M5→主軸停止

上に続いて工程の終わりにつけるきまり文句。

M5は主軸の回転の停止を意味します。

M2→プログラム終了

M2でプログラムが終了し、はじめに戻ります

M2を入力しておくことで、作ったプログラムの後に保存用のプログラムを続けていてもM2の部分で終わり、頭出ししてくれます。

 

以上の流れを覚えて練習すればOK

以上が基本的な流れになります。次はサブプログラムを使った固定サイクルのプログラムをお教えします。

基本的な固定サイクルさえ覚えてしまえば、あとはその応用でほとんどのプログラムが作れますので、経験を積むごとにどんどんいろんなことが速くできるようになっていきますよ(^^

続編はこちら!!



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
マシニングセンタ技術
キカイネット

コメント