旋盤で六角穴・四角穴を加工する2つの方法!

六角穴 (三喜製作所より https://sankiseisakusho.jp/)

六角穴や四角穴を加工するとなったら、はじめに思いつくのが放電加工やプレス加工ですよね。

ですがじつは旋盤でも六角穴や四角穴が加工できるんです!

その方法はブローチツールを使っ加工と、シェーパー加工の2種類です。

〜PR〜

〜PR〜

ブローチツールを使った押し切り加工

ブローチツールによる六角穴加工(山田マシンツール YouTube)

まずはこちらの動画を見てください!

これがブローチツールによる加工です。

なぜ六角形状を転写できるのか

このように旋盤で六角穴を加工できる(武井製作所より https://takeiss.wordpress.com)
工具の形状(武井製作所より https://takeiss.wordpress.com)

回転しながら六角棒を押し込んでいるだけのように見えますね。

実際六角棒を押し込んでいるだけです

ですが当然、ただ六角棒を穴に押し込むだけだと過負荷で機械が止まってしまいます。

なのでこのツールには負荷がかからない工夫が施されています。

一見意味のなさそうな回転にトリックがあるんです

ブローチツールが偏心している

ブローチツールの加工原理 (山田マシンツール)

このブローチツール、動画ではまっすぐについてるように見えますが、約1°偏心しています

そして画像のように、回転によってツールが傾く向きが変わるようになっています。

これによって、ワークに当たっているのは常にツールの角一点だけという状態になり、機械に負荷をかけずに押し込んいけるわけです。

六角の各コーナーが順繰りにワークに当たっていくため、削る瞬間はワークには六角のうち一つのコーナーしか当たっていません

この加工法は押し切り加工とも言い、切り屑は押し出されて穴の奥にたまるようになっています。

最後にドリルを使ってその切り屑を除去してやって完成です。

四角穴やヘクサロビュラ穴も加工可能

山田マシンツールより ブリゲッティのブローチツール

こちらがツールの画像です。

偏心をさせるためにベアリングが入っているのと、剛性を上げるために刃物を取り付ける部分が太くなっていますね。

同じ原理で、六角穴以外にも四角穴や、ヘクサロビュラ穴など、様々な穴を加工することができます!

ヘクサロビュラ穴(㈱アヅマネジより)

外径も加工可能

ブローチツールによる外径加工(山田マシンツール YouTube)

同じ原理で、ダイスのような刃物で押し切り加工を行う外径加工も可能です。

動画では旋盤ではなくマシニングを使っています。

外径加工の方が偏心がわかりやすいですね。

こんな外径を加工できます

外径に押切り加工を行うことで、丸棒から画像のようなローレットをかけたような形状や、六角棒の形状を加工することができます!

六角棒なんかは負荷がすごそうですが、上手く加工できれば役に立ちそうです。

押し切りの外径加工は穴加工よりも表面がむしれやすく、外観製品には不向きな加工方法です。

押し切り加工のメリット

プレスでは加工が困難とされる肉厚の薄い製品・微細な製品・長尺な製品に六角穴加工ができます。
加工後の六角穴奥底のカス取りも下穴加工を行ったドリルを使用して一連の流れで除去できます。
鍛造加工では苦手とされるマグネシウムの六角穴加工も対応できます。材質は限定されますが、SUS303・快削鋼・アルミニウム・マグネシウム・樹脂であれば、対辺が0.7mm~27mmの六角穴の加工ができます。
S45CF・SCM435F・SUM材は、対辺が0.9mmから対応できます。TB340等の純チタンも対応できます。

https://sankiseisakusho.jp

押し切り加工の一番のメリットは、何よりNC旋盤やマシニングセンタで加工できることによって、工程集約ができること。

わざわざ放電などに外注する必要がありません。

また、加工のスピードも比較的速いです。 外観も、もちろん放電には及びませんが、プレスよりは良くなるようです。

押し切り加工のデメリット

ツールにベアリングが装着しているので、六角穴の角度(位相)が管理できません。六角のサイズごとに刃物が必要です。
六角サイズの対辺の寸法の微調整ができない。
プレス加工と同じで下穴の深さを六角穴の有効深さより深く加工しなければいかない。
SUS304・SUS316・SUS316L・SUS630や難削材は、刃物が欠けやすいのでこれらの材質の場合は、次にご紹介する角度割り出し機能付きNC旋盤による形削り加工で対応しています。

https://sankiseisakusho.jp

位相が管理できない

上記のように、ツールにベアリングがついていることによって六角穴の位相が管理できないのはデメリットの一つですね。

例えばフライス加工が先に施された丸ものに六角穴を開ける場合、位相が管理できないので不便ですね。

深めの下穴が必要

それから下穴を深めに開けておかないと、切り粉が逃げられないため加工できないというデメリットもあります。

下穴なしの底が平らな六角穴を開けたい場合は放電に頼るしかありませんね。

難削材には不向き

SUS304・SUS316や難削材は刃物が欠けやすいので向きません。

次に紹介するシェーパー加工で対応することになります。

対辺にRが残る

対辺に下穴のRが残る(山田マシンツールより)

押し切り加工はあくまでも押して加工しているだけですので、比較的大きい負荷はかかってしまいます。

そのため下穴を大きめにしておかないと過負荷で機械が止まってしまうため、特に四角穴のような形状は対辺にRが残ってしまいます

六角穴形状であればほとんどRは残りませんが、全く残らないというわけではありません。

Rののこらないまっすぐな穴形状が要求されている場合には不向きな加工方法と言えます。

シェーパー加工(形削り加工)

NTK SHAPER DUO YouTubeより
形削り用バイト(NTKより http://www.ntkcuttingtools.com)

とりあえずこちらのYouTube動画を見てみてください。

この加工方法がシェーパー加工です。

この方法でも旋盤で六角穴加工が可能です。

加工原理は?

このように六回主軸を割り出して削る (三喜製作所 https://sankiseisakusho.jp)

シェーパー加工は比較的分かりやすい加工原理です。

まずは下穴を開け、刃物をかんなのように使って削っていき、1コーナーずつ加工します。

画像のように、六角穴でしたら、60°ずつ六回主軸を割り出して加工していくわけです。

1コーナずつといっても、その1コーナーを加工するために、一気に切り込んでしまうと刃先に負荷がかかりすぎて加工できません。

なので推奨の切り込み量は0.025mmと少なめになっており、動画のように何度も切り込んで1コーナーの形状を作っていく必要があります。

四角穴やヘクサロビュラ穴も加工可能

形削り用バイト(NTKより http://www.ntkcuttingtools.com)

つい先程も載せた画像ですが、このように同じ原理で六角穴以外にもヘクサロビュラ穴や四角穴も加工することができます

シェーパー加工(形削り加工)のメリット

下穴の深さが六角穴の有効深さに対して+0.2mm程度深いだけで加工が可能です。(皿ビスや低頭六角穴付ボルトに適しています。)
素材を停止して加工を行うので角度(位相)の管理ができる。(六角穴の対辺に横穴や横からのタップ穴が正確に一連の加工で行うことができる。外径が六角径の六角ボルトに対して六角穴も同じ角度で加工が可能。サイズが違う六角穴が2種類までですが、同じ品物で加工が可能。)刃物が数種類必要ですが、六角穴の対辺が1.4mmから12.2mmまでですが、ご希望のサイズに加工ができます。ハステロイ(HAS-C276)の加工も可能です。13mm以上の六角穴も材質に制限はありますが、可能です。

三喜製作所 https://sankiseisakusho.jp

下穴の深さを浅くできる

1つ目のメリットは下穴の深さがブローチツールを使った加工よりも浅くて良いこと。

ブローチツールでは切り粉の逃げ場がなかったため下穴を深めにしておく必要がありましたが、シェーパー加工であれば1コーナーずつ削るので切り粉が逃げられますし、切り粉自体も小さいです。

上記のとおり六角穴の有効深さに対して0.2mm深いだけで加工できるので、皿ビスや低頭六角穴付ボルトの加工も可能です。

位相を管理できる

ブローチツールのデメリットのところで位相について触れましたが、シェーパー加工では刃物が固定されているため、位相を管理することができます

これならフライス加工等の後に六角穴をあける場合でも対応できますね。

穴の大きさの微調整ができる

旋盤での加工ですので、X軸を動かすことで高精度に削る量を管理することができます

そのためブローチ加工ではできなかった六角穴の大きさの微調整をすることが可能です。

対辺のRが残らない

少しずつ切り込むことができるこの加工法では、ブローチツールのデメリットの項に書いた、対辺のRが残ってしまう問題はシェーパー加工では起こりません

ブローチツールよりSUS304等の加工がやりやすい

シェーパー加工も刃物を傷めやすい部類の加工法ではありますが、ブローチツールを使った加工よりかはだいぶ良いです。

ブローチ加工では難しかったSUS304でもこの加工法なら、刃物の摩耗は速いですが、問題なく加工できます。

その他の難削材も、ブローチツールよりは削れる可能性が高いです。

シェーパー加工(形削り加工)のデメリット

対辺が1.3mm以下の六角穴加工は、非常に難しい。

三喜製作所 https://sankiseisakusho.jp

小さい六角穴の加工には不向き

上記のように、対辺1.3mm以下のようなかなり小さい六角穴は刃物を作ることが難しいですし、なんとか刃物を作れても大変折れやすいため不向きです。

サイクルタイムが長い

例えば六角穴であれば、1コーナーにつき多ければ20回以上を6コーナー分切り込まなければなりません。

合計120回切り込むとなれば、そこそこのサイクルタイムになってしまいます

加工スピードを考えるとブローチツールに軍配があがります。

汎用旋盤には不向きな加工法

主軸を割り出す必要がある性質上、NC旋盤での加工が最もやりやすいです。

汎用旋盤での加工も不可能ではありませんが、主軸を割り出すのが大変ですし、手で切り込むのもかなり時間がかかってしまうため、あまり現実的とは言えません。

プログラムの作成が手間

ブローチツールだと簡単だったプログラムですが、シェーパー加工では回転を止めて刃物を動かすという、NC旋盤では普段使わないプログラムを使います

初めての場合はメーカーに確認してプログラムを作り、慎重に動かす必要がある分プログラムには手間を取られますね。

どちらの加工法も得手不得手がある

メリット・デメリットを読んでいただければわかるように、どちらの加工法にも良さがあります

どちらが適した加工法かというのは状況次第ですので、ぜひこの記事を最適な加工法を選ぶ手助けにしていただければと思います!

もし「今の会社で一生働きたい」と思えないなら・・・

もしあなたが、今の会社で一生働くイメージができないのであれば、転職を視野に入れてみることを強く勧めます。
キカイネット管理人の私も、前職での待遇や世間体を勇気を出して捨てたことで、一生働きたいと思える会社に出会うことができました

私も転職活動の際にお世話になったメイテックネクストは、有名企業の求人をはじめとし、好条件すぎて非公開となった求人が8割を占めている業界随一の転職支援サイトです。
ものづくり系エンジニア専門(未経験可)という欠点がありますが、その分職種がマッチする方にとっては穴場の求人情報が手に入りやすいです。

良い求人は早いもの勝ち。気になった方は、まずは一度だけ電話面談を申し込んで求人を見てみることをおすすめします。私のように人生が変わるきっかけになるはずです。



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

5軸で"儲ける"技術情報が満載の「5軸活用ガイドブック」が今なら無料でもらえる!?


「5軸って儲かるの?」
機械加工技術者の多くが思っていることかと思います。
結論から言うと、儲けられる知識を持っていれば儲かりますが、それがなければ儲かりません
その儲けられる知識は機械メーカーも教えてくれませんし、3軸マシニングセンタの経験だけでまかなえるものでもありません。
そこで管理人がおすすめしているのが松浦機械の関東営業所長、五十嵐さんがtwitterで無料配布している5軸活用ガイドブックです。
「5軸で儲ける」ということにフォーカスしたガイドブックで、5軸ならではの高度な仕事がなくても活用できるようなバイス、治具、クランプ方法などの技術情報が惜しみなく掲載されています
5軸を持っている方・導入を考えている方だけでなく、5軸の導入予定がない工場(こうば)の方も一度読んでみてください。「他社が5軸を使って効率化することに対抗しなければ近い将来仕事を持っていかれるかも・・・・」という危機感を感じる内容なので、読むだけで仕事のしかたも変わってくると思います。
まずはtwitterに登録し、五十嵐さんのtwitterアカウントをフォローしてみてください!
5軸をはじめとして、金属切削加工の未来を知ることができる情報が発信されていますので、加工関係者全員におすすめできるアカウントです。
5軸ガイドブックがほしいという方は下記twitterアカウントから「5軸活用ガイドブックが欲しい」とダイレクトメッセージを送っていただくか、当サイトの問い合わせフォームからご連絡ください。
今後有料化する可能性もある内容になっていますので、今のうちに取り寄せておくことをおすすめします!
Twitterバナー

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

NC・汎用旋盤技術
キカイネット

コメント