【機械技術11月号】特注でφ150以上の大径リーマを作った町工場!?

日刊工業新聞社の雑誌、機械技術11月号から、面白かった記事を抜粋してご紹介します!!

今回のテーマは「自動車部品加工の高品質化と効率向上へのポイント」です。

加工を効率化するためのサイクルタイム短縮技術が目白押しで、面白い記事が多くありました!

それからメカトロテック2021の誌上展も掲載されています。

私もメカトロには行ってまいりまして、すでに関連記事を掲載しています。ご興味があればご覧ください!

それでは早速機械技術11月号の1記事を紹介します。

取り上げられている会社は真辺工業㈱。従業員数90人の広島の会社で、自動車量産部品の製造を行う町工場です。

加工技術者求む

φ150以上の大径リーマ!!

大径リーマ
真辺工業㈱の大径リーマ

こちらがその大径リーマ。なんとφ150以上もあるそうです。画像に100円玉も写っていますので、その大きさもわかりますよね。

もちろんこれほどの大きさのリーマが既製品で販売されているはずもなく、自社で設計の上外部の工具メーカーに製造を委託して作った特注工具になっています。

そして特注工具でありながら、マシニングセンタ用のボーリングバーのように工具についたねじを調節することで、数マイクロメートル単位で工具の加工径を広げたり縮めたりする調節機構を備えています

φ150ともなってくると通常であれば旋盤でボーリングにより仕上げる大きさの穴ですが、リーマを用意することでマシニングセンタでの仕上げ加工を実現しています。

エンドミルで回る方法もありますが、機械精度によっては真円度に問題が出ますし、時間がかかって量産には適していないこともあってリーマを使っているのかと思います。

刃物部分は取替可能で、形状を変えれば段付き穴の加工も可能。

シャンク他工具本体はなんとソリッドの超硬合金製、刃物部分はダイヤモンド製。めちゃくちゃ高そうです。

かなりのこだわりを持って、試行錯誤して作られた工具だということが想像できますね。

町工場魂を感じます

なんで旋盤で仕上げずにリーマを使うの?

同社が旋盤加工をせず、わざわざリーマを作って仕上げているのには理由があります。

以下本誌から抜粋です。

この工具を用いて同社が加工しているのが、電動化車両の駆動用のモーターのケース。アルミ合金製で、鋳造で成形された状態で持ち込まれたものを仕上げ加工し、ボルトなど何点かの部品を組み付けて出荷している。駆動用の大型モーターだけあって、実際のワークを見れば、洗面器ほどもあろうかという大きさに驚かされるはずだ。

もともとは、ほかの加工業者2社がモーターメーカーから受託しており、旋盤を用いて加工していた。生産量が増えてその2社の設備ではまかないきれなくなったため、オーバーフローした分を加工できないかという話が持ち込まれた。新たに設備投資するにしては発注量が少ない

同社の保有設備はMCが88台にものぼるのに対し、旋盤は10台。この案件のためだけに新たに旋盤に設備投資することは難しい。そこで、既存のMCを活かして旋盤系の加工ができる本工法が選ばれたというわけだ。

機械技術11月号より引用

このような理由があって、大径リーマを特注して加工する方法が選ばれました。

リーマでの加工は同じ径の加工にしか対応できないため、自動車部品加工のような量産を行っている会社ならではの知恵ですね。

加工をしなければならない状況になったときに、旋盤を買って解決するのではなく、既存の設備でなんとかやれる方法を考えて、それを実現しているのがすごいことだと思いました。

大径リーマ工法で特許も取得

なんと同社はこの「大径リーマ工法」で特許を取得しているそうです。

同社がこの大径リーマ工法を開発、適用したのは今回が初めてではなく、7〜8年ほど前に開発し、直径80〜100mm程度の穴の内面仕上げ加工に使ってきたそうです。

マシニングセンタを主な武器として生き残ってきた同社ならではの知恵が、今回花開いたといえるだろう

機械技術11月号より引用

既存の設備でできない仕事が入ってきたときに、あきらめずに今までの技術を活かして対応する。

そういった町工場らしい仕事の仕方で成功したことが書かれた記事だったので、この場でご紹介させていただきました!!

雑誌「機械技術」機械加工分野に特化した面白い内容が掲載されていますので、興味がある方はぜひ注文して読んでみてください(^^

キカイネットより、期間限定で技術者急募のお知らせ!!

ものづくり業界の技術者様、どうか力を貸してください。

私は、日本の製造業が強くなるためには技術者の賃金相場が上がることが必須と考えています。
そのため、当サイトでは高賃金の製造業転職に特化したメイテックネクストさんとタッグを組み、一定数集まるまでの期間限定で技術者を募集しています! こちらは求人の例です↓↓

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
世界と戦う人材を集め、育てるため、年収相場400万台は安すぎます。ご協力いただける方、こちらのページからご登録、電話面談をお願いします!

メイテックネクスト
町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
マシニングセンタ技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント