会社が本当に辛かった私からの
転職のススメ
エムネットくらうど

バイスやフライスのテーブルに最適!アルカンサス砥石を詳しく解説!【機械加工】

マシンバイスやフライス盤・マシニングセンタのテーブル、旋盤の爪、ゲージ類等に油砥石を使っていませんか?

高い精度が要求される面に油砥石を日常的に使っていると、年々精度が落ちていき機械の寿命が短くなってしまいます。

ですがそんな大事な精密面にも細かいバリ取りが必要なこともありますよね。

そんなときに活躍するのがアルカンサス砥石です。

参考:㈱ファーステックhttps://www.firstec.co.jp

アルカンサス砥石って何?

アルカンサス砥石(モノタロウより)

天然のオイルストーン

アルカンサス砥石とはアメリカのアーカンソー州でとれる天然のオイルストーンのことです。

通常の砥石より目が細かいため研磨面を傷めず、それでいて非常に細かいバリ等に対しては十分な研磨力を持つため、バイスやフライスのテーブルなどの精密面に最適な砥石です。

天然石であるため資源は有限と言われ値段が徐々に上がってきており、等級に応じて価格高いものもあれば安いものもあります。

アルカンサス砥石ってどんな場面で役に立つ?

最もアルカンサス砥石を使う場面が多いであろう箇所は、マシニングやフライス盤のテーブルです。

少しのバリでも加工精度に影響してしまいますのでバリは完璧にとらなければいけませんが、それでいて精密面なので削りすぎはNGです。

それからバイス

ほんの少しのバリでも製品を掴んだときの直角度・平行度に影響が出てしまいます。

あとはブロックゲージやマイクロメーターなど測定器系です。

できればアルカンサス砥石でさえ使いたくはありませんが、落としてしまったりなどしてバリが出てしまった場合はやむをえません。

他には旋盤の爪の端面側の面のバリ取りにも使えますし、金属製品のバリ取りキズを付けずに行うこともできます。

機械加工を行っていく上では大変便利なものなんです。

アルカンサス砥石の使い方は?

マシンバイスに使うことを例に使い方を説明します。

アルカンサス砥石を使う前にバイスをきれいに掃除

まずはバイスを目視レベルで完璧にきれいに掃除します。

掃除が終わっても、目に見えない小さなバリがバイスには残っている場合があります。

そこでアルカンサス砥石の出番です。

バイスをアルカンサス砥石で軽く撫でる

そんな小さなバリを取るために、アルカンサス砥石を、バイスのワークを掴む面に軽く当てて撫でてやりましょう

もしバリがあった場合、ほんの少しですが抵抗感を感じるはずです。

バリを見つけたら軽く砥石を往復させ、抵抗感がなくなるまでバリを削ります。

目に見えない程度のバリであれば数往復させたら取れているはずです。

大きいバリがある場合は?

まず精密面に目に見えるほどのバリ・キズができてしまっただけでおおごとですが、アルカンサス砥石であれば極力バリ以外は削らずに対処することができます。

精密面を傷めないように根気よくバリを削り取りましょう。

アルカンサス砥石の選び方

アルカンサス砥石を選ぶにあたって主なポイントは大きさ・粗さ・色の3つです。

アルカンサス砥石の大きさは?

アルカンサス砥石の価格表 モノタロウより

こちらはモノタロウのアルカンサス砥石の価格表です。

使用用途にもよりますが、機械加工で使う上では全長75、幅25、暑さ9.5のものが扱いやすいです。

厚さは6mmでも構いませんが、9.5mmのほうが持ちやすく折れにくいです。

アルカンサス砥石の粗さは?

次に選び方のポイントの一つ、粗さについて説明しますね。

基本的にアルカンサス砥石は#6000くらい

アルカンサス砥石に粒度表示は基本的にありません

その理由はアルカンサス砥石を構成する砥粒の大きさは3〜5μmとほぼ一定だからです。

なので粒度でいうとアルカンサス砥石の粗さは大体#6000くらいになります。

アルカンサス砥石は比重で粗さが分類される

ですが、アルカンサス砥石にも粗さ分類はあります。

ではどのようにして粗さが分けられているかというと、粒の密度(比重)で分けられています

天然石の砥粒間に比較的すきまが多いのが比較的粗目、砥粒がぎっしり詰まっているものが細目のアルカンサス砥石ということですね。

どのアルカンサス砥石でも砥粒の大きさはそう変わりませんので基本的には精密面に使えます

ですが、突き詰めると比重の大きいアルカンサス砥石の方がより精密面を傷めずにバリのみを削ることができるので優れていると言えます。

とはいえ、比重の大きいもののほうが高級で価格も上がってしまうためバランスの良いものを選ぶと良いかと思います。

アルカンサス砥石の色の選び方

アルカンサス砥石には、採掘時の岩石によって白・紫・グレー・黒・藍色・ピンク・黄色・茶色・半透明・赤、またはそれが混じり合ったものなど、様々な色があります

ただ砥石の色は品質に大きく関わってくるものではなく、その等級は比重や組成などで決まってきます

なので、色に関しては気にする必要はありません

アルカンサス砥石の成り立ち

アルカンサス砥石(アーカンソー砥石)は、冒頭で述べたとおりアメリカのアーカンソー州で採掘された天然のオイルストーンです。

この地域で見つかるノバキュライトという鉱石は油の浸透に理想的な無数の微孔を持ち、砥石に理想的でした。

そんな鉱石が形成された地層は3億5000万年前のものだそうです。まさに地球が作った油砥石ですね。

この鉱石をヨーロッパの開拓者が見つける前は、アーカンソー州の先住民(アメリカンインディアン)が矢じりやナイフなどを作るために使っていたそうです。

西暦1800年頃にヨーロッパの開拓者に発見されて以降、優れた砥石として現在まで採掘され続けています。

精密面に最適な砥石

アルカンサス砥石は精密な加工治具や機械にに最適な砥石です。

機械加工と天然石、一見すると真逆のような関係なのに相性抜群で面白いですね。

精密仕上げ用の人工油砥石でも代用することは可能ですが、良質なアルカンサス砥石の性能には敵いません。

良質なアルカンサス砥石は所有感もあるため、myアルカンサス砥石を買ってみても面白いかと思います!

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)くらうど。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネットくらうど

<日本ツクリダス㈱より→インターネットラジオが公開されました!>

聞いてみましたが和やかな雰囲気で親しみやすく、それでいて町工場の中身も知れる面白い内容です! 会員登録など不要で無料で聞けますので気になった方はぜひ聞いてみてください(^^

「会社に行きたくない人」に私が全力で転職を勧める理由

ここからはかつての私のように苦しんでいる方へのメッセージです。

あなたは「会社に行きたくない」と思いながら嫌々出社していませんか?

かつての私もそうでした

仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なく、それでも我慢して出勤していました。

ですが、会社にいる時間が人生で最も長い時間です。

その時間が充実していないなら人生そのものが惨めになるということです。

もしあなたが

・自分のやりたい仕事ができない

・自分の好き・得意を武器にした専門性を伸ばせない

・いつまでも会社が守ってくれるとは限らない

こう感じているなら、ぜひ自分のやりたい仕事や、専門性を活かした仕事への転職を検討してください。

自分の専門性を伸ばせれば、会社に万一のことがあってもつぶしが効きます。

私は思い切って転職してから人生が変わりました。

インフラ大手企業幹部候補→国家公務員総合職試験合格→零細町工場

という異色の経歴を歩んできた私ですが、あのとき転職の決断ができて本当に良かったと思っています。

自分のやりたい仕事、専門性がわからない・・・」

それは当たり前のこと。これらは転職活動をしてみて初めて分かることだからです。

転職エージェントと話をして第三者の目線から質問を受けて回答を考えたり、

履歴書・面接準備をしたり、人事と話をしたり・・・

そういうプロセスを経ることで自分の強みや弱みが分かってきます。

私の経験上、誰もが必ず自分の専門性の種を持っています

会社がそれに気づかず、伸ばそうとしていないだけです。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです。

良い求人がなければ転職しなければいいだけですから。

私がおすすめする製造業専門の転職エージェント(メイテックネクスト)は今すぐ転職しなくても電話でのキャリア相談だけでもOKというところです。

「〇〇という専門性を磨きたい」「このキャリアプランについてアドバイスがほしい」

こういった聞き方をするだけで力になってくれます。

エージェントに直接聞いたのですが、このコロナ禍で転職活動をする人が少なく、優良求人が余って逆にチャンスになっています。

一つ注意点として、私は大手からいきなり零細町工場に転職しましたが、大手から零細企業に転職するのは非常に簡単な一方逆は難しいという現実がある以上、まずは大手企業に転職することをお勧めします。(参考記事:零細企業はやばい”は本当?

とはいっても、中途で大手に正規雇用で就職するのは難しいというイメージはありますよね。

実は製造業に限っては意外と簡単に大手企業に就職することができてしまいます

私も転職時に活用したメイテックネクストでは、ものづくり系職種に絞られる分好条件の大手の非公開求人が多いため、この転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

サイト自体の知名度がそれほど高くなく、電話面談が必須ということから良い条件の求人の倍率が低いのが特徴で、穴場の転職支援サイトです。

私がそうであったように、あなたの得意も必ずあります

あとは行動を起こす勇気だけ。この文章をきっかけに、少しでもあなたの人生が良い方向に進めば嬉しいです。

雑記
旋盤工のTAKのブログ

コメント