凄すぎる迫力!ハードスカイビング加工とは?

これがハードスカイビング加工です。

スゴい動画ですよね。中村留の専務取締役さんから直々に動画掲載の許可をいただきました!!

Twitterで初めて動画を見たときはその迫力に圧倒されて即リツイートしてしまいました。

キカイネットおすすめ求人特集(大阪府)

HRC62の硬さをV300のF0.5で削る!?!?

ハードスカイビング加工ですので、硬い金属を削っています。

動画で削っているのは焼きの入ったSCM415で、HRC62ですので、なんとハイスと同じくらいの硬さです。

そんなに硬い金属を、V300のF0.5で削れるのだから驚きです。

その条件で断続切削!?!?

わかりにくいですが、動画で削っているワークのの3段目、一番太いところはキー溝のようなスリットが入っており、断続切削になっています

この硬さなのに断続でも同じ切削条件で削れていることに本当に驚きです!

表面粗さは研磨クラス!?!?

硬い材料を切削加工で速く仕上げられるだけではありません。

f0.5mm/revで送っているのにもかかわらず、その仕上げ面の表面粗さはなんとRz2〜3!

もはや粗研磨レベルです。

通常の旋削であればノーズR0.2mmのチップでf0.1mm/revで送っても理論値Rz6.25ですから、いかにきれいに仕上がっているかがわかります。

f0.5mm/revでこれですから、厳しい表面粗さを求められている場合でも送り速度を落とせば研磨工程を省くくらいわけなさそうです。

研磨いりませんね

ハードスカイビングってどんな削り方なの?

T字カミソリで回転している丸棒を剥いているイメージ

動画では一瞬で削っているので、何が起きているのかよく分かりませんよね。

ハードスカイビングの削り方は、T字カミソリで回転している丸棒を剥いているイメージです。

工具の違い

工具を上から見た図

まずは工具の形状を見てみましょう。

上から見ると、ハードスカイビング用の工具は上図のように真っ平らな形状をしています。

この図だけ見ると、スカイビングの工具はワークに全面でぶつかってしまいそうですが、大きく刃物が傾いて取り付けられているため、下図のように点でワークにあたります。

工具はこんなふうに動いてます

スカイビングの図
Y軸とZ軸が同時に動く
ハードスカイビング

刃物の動き方を絵に書いてみました。

図のように斜めに傾けたT時カミソリを、斜めに動かしているイメージです。

削りながらY軸が動くことで切削点が移動し、工具の傷みを刃先の線全体に分散させることができます

このおかげで動画のような激しい加工にも刃物が耐えられるんですね。

こんな機械で削ってます!

動画で使われている機械は中村留のWT-250Ⅱというターニングセンタです!

普通のNC旋盤しか使っていない私にとっては、スピンドルが2つでタレットも2つ、なおかつM付きなんて異次元の世界。

非常にカッコいい機械ですね。

ハードスカイビング加工には専用機は必要なく、Y軸が動けば可能なようです!

ハードスカイビング加工の弱点

仕上げ加工においてはかなり使えそうなハードスカイビングですが、万能とも言えないところがあります。

端面は削れない?

ハードスカイビングは、その性質上円筒外径しか削れなさそうです。

垂直面でやろうとすると刃先全体が当たってしまうため、端面加工は難しいのではないでしょうか

逃がしが必要?

刃物の形状から、角を削るのは苦手そうです。

動画でも逃がしが入っていることから、逃がしは必須になるかと思います

とはいえこれらのデメリットがあったとしても、研磨工程を省けるのはかなり大きいメリットですので、実用の価値は十分にあると思います!

中村留からハードスカイビングの動画をもう一本!

もう一本動画の掲載許可をいただきました。

盛炎のうねりが機械の中を渦巻く様子はまさに炎の呼吸。 

何度見ても飽きませんね。

森精機のハードスカイビング

森精機もYoutubeにハードスカイビング加工の動画をあげています。

こちらは端面を削っているように見えますが、よく見るとテーパーになっているため外径切削です

f0.3mm/revでRz0.1。やはりハードスカイビングはすごいですね!

なぜ大手企業を辞めて総勢7人の町工場に転職したのか?

当サイト管理人は、誰もが知るインフラ系大手企業の幹部候補職を辞め、総勢7人の零細町工場に転職しました。

なぜそんな転職を決めたのか、私の人生で一番大きい決断をこちらの記事にまとめました。



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

5軸で"儲ける"技術情報が満載の「5軸活用ガイドブック」が今なら無料でもらえる!?


「5軸って儲かるの?」
機械加工技術者の多くが思っていることかと思います。
結論から言うと、儲けられる知識を持っていれば儲かりますが、それがなければ儲かりません
その儲けられる知識は機械メーカーも教えてくれませんし、3軸マシニングセンタの経験だけでまかなえるものでもありません。
そこで管理人がおすすめしているのが松浦機械の関東営業所長、五十嵐さんがtwitterで無料配布している5軸活用ガイドブックです。
「5軸で儲ける」ということにフォーカスしたガイドブックで、5軸ならではの高度な仕事がなくても活用できるようなバイス、治具、クランプ方法などの技術情報が惜しみなく掲載されています
5軸を持っている方・導入を考えている方だけでなく、5軸の導入予定がない工場(こうば)の方も一度読んでみてください。「他社が5軸を使って効率化することに対抗しなければ近い将来仕事を持っていかれるかも・・・・」という危機感を感じる内容なので、読むだけで仕事のしかたも変わってくると思います。
まずはtwitterに登録し、五十嵐さんのtwitterアカウントをフォローしてみてください!
5軸をはじめとして、金属切削加工の未来を知ることができる情報が発信されていますので、加工関係者全員におすすめできるアカウントです。
5軸ガイドブックがほしいという方は下記twitterアカウントから「5軸活用ガイドブックが欲しい」とダイレクトメッセージを送っていただくか、当サイトの問い合わせフォームからご連絡ください。
今後有料化する可能性もある内容になっていますので、今のうちに取り寄せておくことをおすすめします!
Twitterバナー

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術雑記
キカイネット

コメント