【NC旋盤】内径バイトってどれを揃えればいいの?

NC旋盤のバイトの中で、最も種類が必要なのが内径バイト(ボーリングバー)です。

本記事では内径バイトはどんな径や材質のものを揃えればよいのかということを、私の勤務先のものを例にして解説していきます!

勤務先にある内径バイトは主に三菱マテリアルのもので、一部京セラのものも使っています。

画像は公式HP・カタログから引用しています。

加工技術者求む

勤務先にそろえている基本的な内径バイトを公開!

本記事の趣旨に沿って、基本的なバイトだけを紹介していきます!

勤務先では主に三菱マテリアルの内径バイトを使っています。

基本的にはディンプルバー

ディンプルバー
三菱マテリアルのディンプルバー

基本的に使っているのはこの三菱マテリアルのディンプルバーです。ちなみに型番はFSTUP

まず勤務先では通常のディンプルバーは以下の径のものを揃えています。本数は NC旋盤一台あたりの本数です。

  • 最小加工径φ10のもの 2本
  • 最小加工径φ12のもの 2本
  • 最小加工径φ14のもの 2本
  • 最小加工径φ18のもの 2本
  • 最小加工径φ22のもの 2本
  • 最小加工径φ32のもの 1本 ←後述しますが使い勝手が悪いのでコレはいりません

本数が基本的に2本ずつあるのは、荒と仕上げで分けて使うためです。

最小加工径φ22のうち1本とφ32のディンプルバーは少し長すぎるので、溝入れバイトで突っ切って短くし、使い勝手をよくしています。

チップ材種は荒加工用のMC6025(断続切削可の鋼材向け)と、VP15TF(断続切削可のステン・鉄向け)の2種類を使っています。 MC6025は断続切削に適したチップなので生爪加工にとても便利です。生爪であれば荒も仕上げもこれ1枚でできてしまいます。

仕上げ用にはノンコートサーメットNX2525の勝手付きのものを使っています。

チップについては参考までに書きましたが、特に仕上げ用のチップには改善の余地があると思っており、特にステン用でおすすめのチップがあれば教えていただけると嬉しいです。

仕上げ用に超硬シャンクのディンプルバーも必須!

勤務先では単品ものを加工するので、9Dくらいの深穴の内径加工もたまにでてきます。

そんなときになくてはならない存在が超硬のディンプルバー。型番はFSTUP-Eです。

通常のバイトと超硬バイトではやはりびびり方が全く違います

価格については特に最小加工径φ18くらいになってくると高価ですが、それだけの価値があると思います。

仕上げ用にこれらの超硬バイトは持っておくことを強くおすすめします!

  • 最小加工径φ10のもの 1本
  • 最小加工径φ12のもの 1本
  • 最小加工径φ14のもの 1本
  • 最小加工径φ18のもの 1本

超硬バイトもチップは通常の内径バイトと共通のものを使っています。

荒加工用にはネガチップのボーリングバー

P型ボーリングバー

先程紹介したディンプルバーは、仕上げや生爪加工などのニガシを入れる加工には便利なのですが、荒加工ではチップの形状から切りくず処理があまりよくありません

そのため荒加工の場合はこちらを使うことの方が多いです。

三菱マテリアルP型ボーリングバーのA-PWLNです。

このバイトのメリットはネガチップを使っているので経済的にチップを使えること。ポジチップの倍の6コーナー使えます。

またステン用のチップを使えば、ステンでもap2.0mmほどでばりばり削れます。

断続切削用のチップを使えば、生爪でもap2.0mmほどで削れてしまいます。

以下勤務先にあるバイトのリストです。

  • 最小加工径φ20のもの 1本
  • 最小加工径φ25のもの 1本
  • 最小加工径φ30のもの 1本

あとは外径荒用の6角形のチップを流用できる内径バイトも使っています

これは最小加工径φ40です。 削り量の多い加工でもこれを使えばかなり速く削れます。

小径加工用のバイトも揃えておくべき

単品ものの加工では、φ6の内径加工など、小径の内径加工を行うこともあります。

リーマで対応する手もありますが、内径バイトの方がむしれなどのトラブルが起きにくく、さらにφ6.3などの端数や、H7以外の交差にも対応できるなど汎用性が高いです。

なので、小径加工用の内径バイトも揃えておきましょう

私の勤務先では三菱マテリアルのSCLCを使っています。

  • 最小加工径φ5のもの 1本
  • 最小加工径φ6のもの 1本
  • 最小加工径φ7のもの 1本
  • 最小加工径φ8のもの 1本

これほどの径になってくると超硬シャンクでないと不便で、事実超硬シャンクしかラインナップされていません

径が小さいので、超硬といってもそれほどの価格にはなりません。

勤務先では全てSCLCですが、SCLCは最小加工径φ5と一番小径のものがラインナップされているかわりに、チップがひし形のため、2コーナーしか使うことができません。

これらのバイトは私が勤務先に入社する前から使っていたもので、今もし改めて買い直すのであれば最小加工径φ5以外のφ6〜8はSWUBを選びます

SWUBはチップが3コーナー使えますからね。

最小加工径φ5のものは2コーナーチップのものしか使えないので仕方ないです。

SCLCのチップはタンガロイの微粒子合金をのものを使っている

勤務先ではもともとSCLCにノーズR0.2のノンコートサーメットのチップを使っていました。

しかしこれが特にステンレスの加工でパキパキ欠けて非常にストレスなので、タンガロイの微粒子合金のノーズR0.4のものに変えました

これがかなり調子がよく、ステンでも欠けることなくきれいに削ってくれます。

ただ、やはり鋼材を加工しようと思うとノンコートサーメット、NX2525の方が調子がよく、専らステン用で使っています。

どちらにせよおすすめのチップです!

京セラの最小加工径φ27のディンプルバーもあったほうが良い

はじめの方に書いたディンプルバーで、最小加工径φ32のものがありましたね。

正直これは使いづらいためおすすめはしません

なぜかというとシャンクがφ25なのに最小加工径がφ32と大きく、例えばφ30H7の交差に使えないからです。

このような交差を削れるように、勤務先で購入したのが京セラのダイナミックバーです。

京セラダイナミックバー

ダイナミックバーという名前ですが、三菱でいうところのディンプルバーです。

この京セラのダイナミックバーには、三菱のディンプルバーより優れている点が2点あります。

1点目はφ25のシャンクでありながら最小加工径がφ27で、φ30H7のような内径も仕上げられること。

2点目は工具の素材が鋼と超硬だけでなく、エクセレントという鋼と超硬の中間のような材質を選べることです。

φ25のシャンク径ともなると超硬のバイトにするとかなり高価になってきます。エクセレントであれば、ある程度びびりは抑えながら価格も抑えることができ、丁度よい塩梅です。

このバイトは深穴の仕上げでしょっちゅう活躍しており、かなり買ってよかった工具の一つです。

注意点はシャンクφ25で最小加工径φ27と、切り粉の抜ける隙間が片肉1mmしかないため、荒加工には使えないということです。

一度使ったことがあるのですが、切り粉がその1mmの隙間を通ることができず、ボリボリと嫌な音がしながらの削りになってしまいました。切削後は切り粉がむりやり通ったあとのキズがダイナミックバーにしっかり残ってしまいました(^^;

おすすめバイト・チップの情報をお寄せください!

内径バイトの世界、バイト本体・チップともにまだまだ試してみたいものがたくさんあります。

お金が必要なだけに、なかなか最適解を検証することができない分野ですよね。

「このバイト・チップがおすすめ」といった情報、参考にさせていただきたいと思いますので、コメントいただけると幸いです!

経験3年以上の加工技術で、年収400万円台は安いです

これらは、メイテックネクストで実際にあった求人です。

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

あなたの技術は、働く場所を変えるだけで大きな価値になります。大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
こういった非公開求人は、ものづくりエンジニア専門転職サイト「メイテックネクスト」で転職エージェントの無料電話面談を受ければ見せてもらえます。利益構造の優れた会社の中では、年収400万台は安すぎます。現状に満足できていない技術者の方、一度電話面談をしてみると世界が変わるはずです。 お申し込みはこちら→メイテックネクスト

町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
雑記

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント