旋盤バイトの芯高合わせの方法を現役旋盤工が解説!

バイトの芯高(しんだか)合わせは汎用旋盤で加工をする上で避けては通れない、基本の作業です。

これが上手く行っていないと端面加工の際にへそが残ったり、刃先が欠けたりといったトラブルが起きてしまいます。

重要な作業な割に少々コツが要りますので、本記事を参考にぜひマスターしてください!

旋盤の芯高合わせ
加工技術者求む

芯高(しんだか)合わせってどんな作業?

芯高合わせとは、刃物の刃先が丁度ワークの回転中心の高さにくるように合わせることです。

それがなかなかシビアで、端面を加工しようと思うと0.1mmズレているだけで上手く削れません。

以下に、芯高合わせの基本的な方法を解説しました!

バイトの芯高合わせは専用のゲージを作ると簡単

バイトの芯高合わせは上の図のように心押しセンタに刃先を近づけて合わせる方法もありますが、芯高合わせ用のゲージを作成するのが最も簡単です。

ゲージというとものものしいですが、ただの丸棒で大丈夫です。もしあなたの旋盤の芯高が25.1mmでちょうどよくなるなら、適当なφ30やφ25の丸棒を25.1mmの長さに端面切削し、ゲージとしてやれば良いだけです。

ゲージができたら、バイトに敷板を敷いて平らな場所でゲージを刃先に合わせ、ゲージにぴったり合うまで敷板の枚数を調整してやります。

あとは刃物台に取り付けるだけです。

もちろん、心押しセンタの先端に刃先を近づけて芯高をあわせる方法でもOKです。

ちなみに敷板についてはこういったものを買うのが一番ですが、適当な板を切ったものでも大丈夫です。

私の勤務先では適当な板を切ったものを使っています。0.3mm、0.5mm、1mmなど、様々な厚さのものを揃えておくと芯高調整に便利です。

敷板が曲がっていたりするときちんとゲージと高さを合わせることができなくなるため、バイトを上から指で押さえながら心高のチェックを行いましょう。

実際に削って調整する

前項で解説したゲージを作って心高を合わせる方法が一番簡単ですが、端面用の刃物など、正確に合わせたい場合は実際に削って調整する作業が必要です。

手順としては、まずゲージを使ってぴったりか若干低めに心高を合わせます。

その状態で端面を削ってみて、芯高が低ければへそが残るはずです。

そのへその直径をノギスで測ってみてください。そしてその測定値の半分、つまり半径分の厚さの敷板を敷き、再度削ってみます。

これを何度か繰り返し、完全に芯高が合えば完了です。

芯高が合っているかどうかは経験によって判断できるようになっていきますが、へそが残らず、刃先も傷まない丁度真ん中がベストと言えます。

なんで芯高を正確に合わせないといけないの?

バイトの芯高合わせがずれていると、まず端面切削を行った時に問題がでてきます。

芯高が高すぎると、端面中心付近で、刃物の先端ではなく二番の部分(刃先の下の面)がワークにあたってしまい、刃先が欠けてしまいます

だからといって低すぎると、回転中心に刃先が届かずにへそが残ってしまいます

芯高の影響があらわれるのは端面切削だけではありません。

外径切削を行った場合も、切り込み時に刃先が回転中心からずれたところに向かっていくことになるため、例えば1mm切り込んだつもりでも実際には0.98mmしか切り込めていないといったことが起こります。その結果、公差を外す原因にもなってしまいます

この現象はワークの径が小さいほど顕著にあらわれます。

基本加工テクニック バイトについて - 旋盤市場
加工技術の解説。金属加工に必要なテクニックを写真で解説。, バイトについて, バイトの装着, , , 切込み角, 刃先のグラインダー研磨,

↑こちらのサイトさんで詳しくバイトと芯高について解説してあるので、参考として掲載しておきます!

芯高は、高くなるくらいなら低いほうが良い

前述の通り、芯高が高すぎると刃先がワークに当たらない状態になってしまい、ワークを削ることができずに刃が欠けてしまいます。

そのため、芯高が高くなるよりは低くなる方が問題は起きにくいです。

芯高をわざと高くする場合も

しかし、芯高をわざと高くする場合もあります。

それは、どうしてもびびりが発生してしまうような長物の内外径を削る場合です。

削るワークの径にもよりますが、0.5mmほど芯高を上げてみてください。

不思議とびびりが少なくなります。 一度試してみてください。

NC旋盤でも心高調整は必須

心高の調整が必要なのは汎用旋盤だけではありません。NC旋盤とっても必要な作業です。

NC旋盤で基本的に使われるスローアウェイバイトは、通常わずかに低い芯高に設定されています。

そのため薄い敷板を敷いてやらないと、端面を削った際に「へそ」が残ってしまうんです。

敷板の厚さを決める方法としては汎用旋盤と同様です。ワークを削ってへその様子を見ながら調整を行います。

私もNC旋盤を使う際、端面を削ることがある刃物だけは心高をきっちり合わせるようにしています。

初めは少し大変な作業ですが、NC旋盤では一度合わせてしまえばずっとその高さで加工を行うことができますし、へそが残るトラブルが少なくなるため、しっかり合わせてしまいましょう。

汎用にしろNC旋盤にしろ、心高合わせは非常に重要な作業です。

もし端面切削の際にトラブルが起きたり、外径切削で寸法が少しズレる場合は改善される可能性があるため、本記事を参考に是非試してみてください(^^

キカイネットより、期間限定で技術者急募のお知らせ!!

ものづくり業界の技術者様、どうか力を貸してください。

私は、日本の製造業が強くなるためには技術者の賃金相場が上がることが必須と考えています。
そのため、当サイトでは高賃金の製造業転職に特化したメイテックネクストさんとタッグを組み、一定数集まるまでの期間限定で技術者を募集しています! こちらは求人の例です↓↓

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
世界と戦う人材を集め、育てるため、年収相場400万台は安すぎます。ご協力いただける方、こちらのページからご登録、電話面談をお願いします!

メイテックネクスト
町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント