アップカットとダウンカットについて解説!!【フライス盤・マシニングセンタ】

フライス盤やマシニングセンタでの加工には、アップカットとダウンカットという用語があります。

主にエンドミルでのフライス加工で使う言葉です。

本記事では、アップカットとダウンカットについて、その意味の解説から、それぞれのメリット・デメリット、加工の際のポイントについて解説しました!

加工技術者求む

アップカット・ダウンカットとは?

アップカット・ダウンカット
左図がアップカット、右図がダウンカット

フライス盤やマシニングセンタの加工では、回転しているフライス工具に対して材料が送られてきて切削を行います。

このとき 工具の回転に対する材料の方向の違いで、アップカットとダウンカットの2つに別れます。

上の図をご覧ください。エンドミルで金属を削る様子を上から見た断面図です。

工具は両図とも時計回りに回転している一方、ワークは逆方向に動いています。

結論から言うと、左の図がアップカット(上向き切削)、右の図がダウンカット(下向き切削)です。

アップカットは金属材料をすくい上げるように削り、ダウンカットは金属材料に刃先を振り下ろすようにして削っているのがわかりますね。

どちらでも削ることができるのですが、その切削特性が異なります。

アップカット・ダウンカットの特徴は?

アップカットダウンカット
切削力刃先が工作物に食い込むとき、 大きな摩擦力が働き、工具を押し曲げるような力が働く。 刃先が工作物に食い込むときの摩擦力はないが、食い込むときの大きな衝撃力が発生する。
送りねじのバックラッシュ バックラッシュによる問題が起こらない。台形ねじが採用されている汎用機では、バックラッシュの分ワークが引き込まれ、工具が折れる等のトラブルが起こる。
仕上げ面光沢が出て、見た目にはきれい。湿式切削における仕上げ面粗さが良好。表面粗さの数値は上向き切削には劣るが、びびりの発生が少なく表面粗さが安定する。
工具寿命 刃先の工作物への食い込みの摩擦熱により、逃げ面摩耗が大きく、工具寿命は短い逃げ面摩耗の発生が少なく、工具寿命は長い
構成刃先 構成刃先の影響は少ない。 構成刃先の発生に注意し、発生したときは切削条件を調整する。
黒皮切削時黒皮切削はアップカットで行い、黒皮が取れたらダウンカットで行うのがベスト 黒皮切削の際は刃先を痛めるので避ける。加工硬化性材料の切削に良い。
アップカット、ダウンカットそれぞれの特徴

様々な特徴がありますが、ダウンカットは工具寿命が長く、アップカットは仕上げ面に光沢が出やすいというのが主な使い分けのポイントになります。

基本的にダウンカットの方がメリットが大きい

アップカットの場合、エンドミルの刃が食いつく際に逃げ面が大きく摩耗します。

逃げ面摩耗

板書の右上を見てください。アップカットで削る場合、

図のように逃げ面が摩耗してしまいます。

これによって、刃物の寿命が3倍程度短くなります

しかし、アップカットにはメリットもあります

まず、図のように、食いつき時に刃がこするので、面がピカピカになります。(表面粗さの数値はあまり変わりません)

さらに、表面正常が計算(Rz=1000f^2/8r)の通りになりやすいという特徴があります。

以下の二つの図を見てください。上がアップカットで、下がダウンカットの表面性状です。

アップカットの方が、規則だたしく刃物の形状が転写されていることがわります。

アップカット
ダウンカット

しかし、アップカットの刃物寿命が短いというデメリットがあまりにも大きいため基本的にダウンカットを使うのです。

仕上げ面をきれいにしたい場合はアップカット

前述のように、比較するとダウンカットの仕上げ面は少しくすんだ面、アップカットの仕上げ面は光沢のある面になります。

外観を重要視する製品の場合、アップカットで仕上げることでよりきれいな仕上げ面にすることができます

汎用フライス盤でダウンカットを使う際は要注意!!

また、アップカットとダウンカットの使い分けについては重要なポイントがあります。

送りねじボールねじではなく台形ねじの汎用機の場合、荒加工でダウンカットを使うのはNGです!

表にまとめると、一般的に推奨するカット方向はこちらの表のようになります。

 フライスマシニングセンタ
アップダウン
仕上げダウンダウン

結論から言うと、以上の表のようなカット方法を使います。

フライス盤の荒加工でアップカットを使う理由

アップカット板書

ボールねじでは別なのですが、通常のフライス盤は台形ねじが使われています。

台形ねじでは、バックラッシュが発生しますね。

ダウンカットでは、バックラッシュが発生する側の方向に力を加えてしまいます。(板書)

つまり、ダウンカットを使うとテーブルが引き込まれてしまい、食いつきの量が大変大きくなってしまうということです。

これは切り込み量が大きく、かかる力が大きい荒加工だから起こるのであって、切り込み量の少ない仕上げ加工では起こりにくいです。

だから、フライス盤の荒加工だけアップカットなんですね。

台形ねじのフライス盤の荒加工ダウンカットを使うとどうなるかというと・・・刃物が吹っ飛びます。非常に危険です。

職業訓練の現場では、ダウンカットで荒取りをすることで刃物が砕け散ってしまったことが何度もあったそうです。

マシニングセンタの場合はボールねじが使われており、バックラッシがほとんどないため荒加工もダウンカットで構いません。

キカイネットより、期間限定で技術者急募のお知らせ!!

ものづくり業界の技術者様、どうか力を貸してください。

私は、日本の製造業が強くなるためには技術者の賃金相場が上がることが必須と考えています。
そのため、当サイトでは高賃金の製造業転職に特化したメイテックネクストさんとタッグを組み、一定数集まるまでの期間限定で技術者を募集しています! こちらは求人の例です↓↓

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
世界と戦う人材を集め、育てるため、年収相場400万台は安すぎます。ご協力いただける方、こちらのページからご登録、電話面談をお願いします!

メイテックネクスト
町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
マシニングセンタ技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント

  1. 通りすがりのたぶん素人 より:

    こんにちは。

    汎用フライス盤で粗加工を行う場合にアップカットする理由ですが、手送りの場合にダウンカットをかけると刃先が食い込んでワークが持って行かれる(テーブルが勝手に動く)危険性があるかと思います(結果刃物も折れます)。

    エンドミル等でサイドカットを行う場合です。

    手送りのはずなのに刃先が食い込んで主軸が刃物を介して送りを掛けてしまうイメージです。

    アップカットでは送りを押し返す方向に力が働きますので、バックラッシもなくなりますし、ワークが引き込まれる事はありません。

    おそらく刃物が壊れる、という件はこの事を指摘されているのだと思いますが、ワークが引き込まれる危険性(刃物が壊れる原因)を書いて頂いた方が良いかと思いコメントさせて頂きました。

    機械によりますが、ダウンカット用にバックラッシ調整ができるタイプであれば、ちゃんと調整して自動送りを掛ければ刃物が壊れる事はないかと思います。

    チャックが甘いと今度はそっちが原因でやられますが。。。

    大昔の職業訓練校では、実際にダウンカットをやらせてわざと刃物を折らせて恐ろしさを教えていたと聞きました。

    なお、私自身は粗加工で手送りのダウンカットしていたりはします。
    1回で粗取りできない場合にアップ(大)、ダウン(中)、アップ(大)、仕上のダウン(0.1mm)みたいな感じでダウンカットの時は切込みを減らしてます。
    逃がして戻すのも面倒ですので。

    以上、余計なお世話をすみませんでした。

  2. 通りすがりのたぶん素人 より:

    補足:

    テーブルが動くのはバックラッシの分だけでなく、ハンドルをも回して勝手に進んでいきます。
    自分が回していた速度以上に進んでいくということです。