BIG裏ザグリツールの刃物収納機構が面白い!!【JIMTOF2020③】

加工技術者求む

BIGの裏ザグリツールは4種類もある!

ザグリのためだけにワークをひっくり返す・・・時間の無駄ですよね・・・。

そんなときに役に立つのが裏ザグリツールです!

BIGの裏ザグリツールはなんと4種類もあります

刃物を収納する機構に様々な種類があり、見ているだけで面白かったので今回紹介することにしました。

もちろんシンプルな構造の剛性の高いものもあり、用途にあったものを選べます。

AUTOMATIC BACK SPOT FACER 裏ザグリバー

1つ目は裏ザグリバーです。

この裏ザグリバー、逆回転でワークに触れると刃物が収納され、正回転で削れるようになっています。

シンプルな構造で分かりやすいですね。

なので加工の流れとしては・・・

  1. 逆回転でバーを挿入
  2. 正回転でザグリを削る
  3. 主軸を少し下げてから逆回転で引き抜く

という流れになります。

片刃でバーが曲がる方向に負荷がかかってしまうので、鋼・ステンレスには後述するバックスカットのほうが向いています。

バックスカット

バックスカットは上記の裏ザグリバーと同じように逆回転でブレードを収納し、正回転でブレードが出てくるタイプです。

裏ザグリバーと違うのは、ワークに触れさせることなく逆回転させるだけでブレードを収納できることと、二枚刃ということです。

裏ザグリバーのように開閉式だと切粉を噛んでしまう可能性がありますが、バックスカットのような機構であれば切粉を噛む心配がなく安心ですね。

二枚刃で切削負荷を均等に分散できるため、鋼材やステンのような比較的負荷がかかる材質の加工にも活用できます

BFカッター

3つ目のBFカッターは最もシンプルな機構で、ブレードの収納がありません

ですがその分刃物の剛性が確保されており、安定した加工を行うことができます。

また、ブレードの開閉がないため切粉による開閉トラブルとも無縁です。

問題は穴に入れるのが怖いこと。 

穴の中にツールを入れる際は、主軸を割り出した後刃物の逆方向に逃がしてから入れなければぶつかってしまいます。

慎重にプログラムを作らなければいけませんね。

BSFツール

なんとセンタースルークーラントを活用したブレードの収納機構が採用されています。

センタースルークーラントが出ている間は刃物を仕舞う仕組みで、非常に面白いですね。

このタイプでしたらクーラントが切粉を吹き飛ばしてくれるため、切粉によってブレードが仕舞えないといったトラブルを防ぐことができます

バリ取りツールを含む動画全編はこちら

こちらの動画では裏ザグリツールだけでなくバリ・面取りツールの紹介もしていますので、見てみると面白いと思います!

経験3年以上の加工技術で、年収400万円台は安いです

これらは、メイテックネクストで実際にあった求人です。

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

あなたの技術は、働く場所を変えるだけで大きな価値になります。大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
こういった非公開求人は、ものづくりエンジニア専門転職サイト「メイテックネクスト」で転職エージェントの無料電話面談を受ければ見せてもらえます。利益構造の優れた会社の中では、年収400万台は安すぎます。現状に満足できていない技術者の方、一度電話面談をしてみると世界が変わるはずです。 お申し込みはこちら→メイテックネクスト

町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
マシニングセンタ技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント