真円度測定機を使ってみる!削った製品は楕円になってる!?

今日の訓練では、真円度測定機を使いました。

真円度測定機

なぜ真円度測定が必要なのか

マシニングセンタで、円弧を描くことは多いですね。

しかし、寸法は合っていても真円になっていないことがあります。

その理由は、X軸とY軸が直角になっていない場合があるから。

また、旋盤の場合は、芯だしがちゃんとできていなかった場合や、チャックのしめつけが強すぎた場合に真円が崩れてしまいます。

そんなときに、精密に真円度を確かめることができるのが真円度測定機です。

これが真円度測定機だ!

真円度測定機は、設置に非常に気を使ったそうです。

大抵の測定機は、搬入するのに数時間で終わりましたが、真円度測定器は搬入に丸一日かかったそうです。

それは、地面と平行に設置するのが非常に重要だから。

測定台は、空気で浮かすことによって回転し、振動等の影響をうけないようになっています。

測定台は流体軸受けと言います。非常に精密なものです。

また、マシニングセンタと同様に、デジタルスケールが中に入っています。

デジタルスケールの仕組みをあなたはご存知ですか?

デジタルスケールはガラスでできています。

ガラスに光を通すスリットが切ってあり、スケールが動くことで光が点滅するのを認識して動いています。

つまり、大変汚れに弱いということです。決して触らないようにしましょう。

測定子はダイヤルゲージのような仕組みになっています。

真円度測定機の使い方は?

真円度測定機は、旋盤と同じように素材を回転させる必要があります。

つまり、芯だしが必要になるということです。

芯だしは、コンピュータがアシストしてくれます。

測定したい材料の低いところ、高いところの2点に測定子をあて、芯だしするのに測定台のチャックをしめつける量を割り出してくれます。

芯だしが完了したら、測定したい箇所でコンピュータから測定を開始するだけです。

訓練で測定した材料の真円度測定結果は2.2μm。 真円に近いですが、完全な真円ではないということがいえます。

この機械



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術
キカイネット

コメント