旋盤、フライス加工の表面粗さ1〜3発ってどのくらいの速度で送ればいいの?

表面粗さ(面粗度)の三角記号、現場の図面ではよく見ますよね。

実はこの書き方、1992年以前の書き方なんです。

ですが加工現場には残っている表記ですので、どのくらいの送り速度で送ればいいのか今回は参考までに計算して書き留めておきます。

今回記す数値はあくまで理論値ですので、実際の表面粗さとは異なる可能性があるためご注意ください!

加工技術者求む

旋削加工の場合の送り速度

ノーズR0.2の場合

まずはノーズR0.2の場合の送り速度です。

1発:f=0.4mm/rev
2発:f=0.2mm/rev
3発:f=0.1mm/rev

ノーズRが大きくなっても理論仕上げ面粗さは良くなるだけなので、ノーズRが0.2より大きくなる分には上記の送り速度で大丈夫です。

四発は切削加工では理論値どおりに仕上げるのが難しいため、研磨で仕上げるのが無難です。

ノーズR0.4の場合

次にノーズR0.4の送り速度を書き留めておきます。

ノーズR0.4であればR0.2より理論上送り速度を上げることができます。

1発:f=0.56mm/rev
2発:f=0.28mm/rev
3発:f=0.14mm/rev

ただしくどいようですが、むしれなどが発生した場合は上記の送り速度でも理論値より大きく粗い表面粗さになってしまうので気をつけましょう。

フライス加工の場合の送り速度(φ10エンドミル理論値)

フライス加工は工具や加工方法が様々であるため、φ10のエンドミルによる側面削りの値とします。

1発:f=2mm/rev  S1000のときF2000

2発:f=1mm/rev S1000のときF1000

3発:f=0.5mm/rev S1000のときF500

理論的にはかなり高い送り速度ということがわかります。しかし、以下の図を見てください

フライス削りの欄は、精密の部分でも3発になっています。旋削がそれ以上の表面粗さを加工できることを考えると、フライス削りは計算上の理論仕上げ面にはなりにくい加工といえます。

そのため、3発の加工面が必要な場合は、送りを0.1mm/rev以下にしておくのが無難といえます。

つまり、S1000であれば、F100ですね。

なお表面粗さの計算では、エンドミルの歯数は数えません。 エンドミルの刃の長さは完璧に同じとはいえないため、片方の刃でのみ表面を形成していると考えるからです。

表面性状の表

1〜3発って、どのくらいのRa,Rzなの?

大まかな値にはなりますが、1発2発3発に対応するRa,Rzは以下の通りです!

1発はRa12.5~25、Rz50〜100
2発はRa3.2~6.3、Rz12.5〜25
3発はRa0.4~1.6、Rz1.6〜6.3

図面によって、発数表記、Ra表記、Rz表記が分かれるので、大まかにでも把握しておくと便利です(^^

キカイネットより、期間限定で技術者急募のお知らせ!!

ものづくり業界の技術者様、どうか力を貸してください。

私は、日本の製造業が強くなるためには技術者の賃金相場が上がることが必須と考えています。
そのため、当サイトでは高賃金の製造業転職に特化したメイテックネクストさんとタッグを組み、一定数集まるまでの期間限定で技術者を募集しています! こちらは求人の例です↓↓

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
世界と戦う人材を集め、育てるため、年収相場400万台は安すぎます。ご協力いただける方、こちらのページからご登録、電話面談をお願いします!

メイテックネクスト
町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術マシニングセンタ技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント