シチズンの切粉切断機能LFVが画期的すぎる!【JIMTOF2020⑰】

以前森精機の切粉切断機能、振動切削をご紹介しました。

対してシチズンは、森精機のそれとは異なる低周波振動を使った切粉切断技術を実用化しています。

加工技術者求む

シチズンのLFV(低周波振動切削)

まずはこちらの動画をご覧ください。

あの厄介な粘い銅もこの通り切粉を切断しながら削っています。

このLFVの動きについて説明した動画がとても分かりやすいのでこれから紹介しますね。

※当記事の動画は全て1.25倍速再生です

LFVには3つのモードがある

なんとLFVには3つのモードがあります

一つずつご紹介していきます。

mode1:約半回転ごとに切粉を切断するモード

mode1は、動画のように約半回転ごとに切粉を切断するモードです。

振動切削ではありますが、森精機のそれよりかなりピッチは長ため、どんな材質でもスムーズに切粉が切断されそうな動きですね。

mode2:約2回転ごとに切粉を切断するモード

mode2では約2回転ごとに切粉を切断します。

mode1でさえ振動のピッチが長いと感じたのに、mode2はその上をいくピッチの長さです。

このような動きが実用化されているとは驚きです。

mode3:ねじ切りで低周波振動!!

極めつきはねじ切りでの低周波振動です!

なんとZ方向の振動ではなく、X方向の振動

長めのねじ切りなんかはどうしても切粉がつながってしまいますが、この技術を使えば絶対に切粉が絡まることがありませんね。

それにしてもこれほどの動きをねじ切りのピッチにあわせて行える技術はもはや感動的ですね。

森精機の振動切削と比べてどう?

荒加工だけみればシチズンが上

シチズンのLFVは、かなりピッチの長い、大きい振動であるため切粉が切断できないということはほぼないでしょう。

その点森精機の振動切削は細かい振動であるため、切粉は切れやすくはなりますが、シチズンほどは確実かつスムーズに切ることはできません。

そのため荒加工だけみればシチズンの方が役に立つ技術だと思います。

森精機の振動切削は仕上げ加工でも使える

ですが、森精機の振動切削は仕上げ加工でも使えるというメリットがあります。(詳しくは冒頭に貼った記事を参照ください)

シチズンのLFVは振動のピッチが長すぎるため、仕上げ加工で使うことはできなさそうです。

私はシチズンのLFVの方が欲しい

私は普段オークマのNC旋盤で単品ものの加工を行っています。

そんな私の立場から森の振動とシチズンのLFVを比較すると、シチズンのLFVの方がほしいと思いました

その理由としては、荒加工でより確実に切粉を切れるLFVが実用上優れていると感じたから。

普段の加工では仕上げ加工での切粉トラブルはそれほど多くなく、荒加工でのトラブルのほうが多いですからね。

※もちろん動画だけ見ての感想ですので、実際に機械を触るとまた違った考えになるかもわかりません。

経験3年以上の加工技術で、年収400万円台は安いです

これらは、メイテックネクストで実際にあった求人です。

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

あなたの技術は、働く場所を変えるだけで大きな価値になります。大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
こういった非公開求人は、ものづくりエンジニア専門転職サイト「メイテックネクスト」で転職エージェントの無料電話面談を受ければ見せてもらえます。利益構造の優れた会社の中では、年収400万台は安すぎます。現状に満足できていない技術者の方、一度電話面談をしてみると世界が変わるはずです。 お申し込みはこちら→メイテックネクスト

町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント