会社が本当に辛かった私からの
転職のススメ
エムネットくらうど

【NC旋盤】機械をぶつけないために私がやっていることを解説!

機械をぶつけるとものすごい絶望感を感じることになりますよね。

修理が終わるまでの間仕事が止まってしまいますし、機械精度が永久に狂ってしまう場合さえあります。

会社の利益を大きく損なってしまいますので、機械をぶつけないように普段から対策するということはとても大切です。

今回は私が機械をぶつけないようにするためにとっている対策をご紹介します!

心押台に工具をぶつけないようにする対策

心押台へのぶつけ

一番やりやすいのが、このパターンのぶつけ方だと思います。

前回の記事↓でも書きましたが、実は私も初心者の頃このぶつけを経験しています。

ぶつけてから、今後絶対に繰り返さないように対策を考え、実行しています。

下に書いたとおり、3重の対策です。

ぶつからない軌道を通るように設定を行うことが必要

心押台にぶつけないプログラム
このような動きをすることでぶつかるのを回避できる

私はNC旋盤のプログラムは全て対話で作っています。

オークマの対話でプログラムを作るにおいて、初期設定のままだと上画像の✗をつけたような軌道になってしまい、工具が心押台にぶつかってしまいます。

なので工具経由点を設定し、○をつけたような軌道を通るようにプログラムを組んでやる必要があります。

この設定を忘れてしまうと心押台にぶつかってしまうのです。

なので、基本はこの工具経由点の設定を忘れないための対策を考えることになります。

プログラムの初めにM2を入れ、工具経由点の設定忘れを防ぐ

具体的な対策はここから。

プログラムの初めにM2(プログラム終了・頭出し)を入れ、工具経由点の設定を確認した後にそのM2を削除するようにします

そうすることで、工具経由点の設定確認を忘れていた状態だと機械が動かないため、確認忘れを防げる仕組みです。

この方法をとるようになってから工具経由点の設定忘れは全くと言っていいほどなくなりました。

シミュレーションでのプログラムチェックでバイトの軌道を確認する

ここからは通常の基本対策ですが、必ず行わなければならないことですので、書いておきます。

プログラムを作った後シミュレーション機能を使って動きを確認しますよね。

その際に、心押台を前進させた後のバイトのアプローチ軌道をしっかり確認するようにしましょう

上の画像で○で示したような軌道になっていればOKです。

ぶつからないための基本のアプローチをきっちり行う

通常機械を動かす際は、早送りでバイトがワークやチャックにぶつからないように送りを遅くしてゆっくりアプローチして確認するかと思います。

慣れてくるとバイトがワークにある程度近づくまでは100%の早送りで送ることになるかと思いますが、心押台を前進させている場合は、バイトの動き始めの時点からゆっくり送るようにすると良いです

もし万が一上記2点のチェックをすり抜けてプログラムの工具経由点を設定し忘れていた場合でも、はじめにバイトが斜めに動いていくことを視認できればすぐにミスに気づき停止させることができます

タレットの後ろの壁に工具をぶつけないようにする対策

工具を壁にぶつける

タレットの後ろに工具を長く突き出してしまうと、タレット背面の壁にあたってしまいます。

私が勤務先で使っているオークマのLB300EXだとφ40だと25mm、φ35未満だと65mm以上突き出すとぶつかってしまいます。

これも、私が初心者の頃、ぶつかるとは行かないまでも擦るようにあたってしまったことはあります。

気をつけないとありがちなミスの割には大変なことになってしまうので、必ず対策を行うようにしましょう。

それでは対策の解説をしていきます。

内径バイトをセットする際、毎回後ろの突き出しを測るようにする

バイトを取り付ける際に測るのを忘れないことが一番大切です。

内径バイトをセットする際には毎回後ろの突き出しをスケールで測り、φ40だと25mm、φ35未満だと65mm以上(機種によって異なります)以上になっていないかを確認するようにしましょう。

一度慣れてしまえば、どのくらいの突き出し長さで危なくなってくるかひと目で分かるようになるので、危なそうな場合だけ測ってやればOKです。

ですが、慣れてきた頃が一番危ないですので、本当に自信をもって大丈夫と言えるほどの経験を積むまでは毎回測るようにしましょう。

内径バイトの後ろが心押台の先端にぶつからないようにする対策

心押台と内径バイト後ろのぶつけ

画像のように、タレットをZ+方向に下げたときに内径バイトの後ろが心押台の先にあたってしまう可能性がありますよね。

そのための対策として私が行っていることがあります。

パラメータでZ軸の可動限界を設定し、ぶつかることがないようにする

先程書いたように、私が使っているNC旋盤では内径バイトの後ろの突き出しは長くても65mmです。

なので、心押台の先端とタレットの後端の距離が65mmになるようにZ+方向のタレット可動限界をパラメータで設定し、物理的にぶつかることができないようにしています。

機械限界までZ+にタレットを動かせるようにしているところも多いでしょうが、私はずっとこのやり方で、ぶつけてしまうリスクをなくしています。

しかしこの方法にはデメリットもあります

それは長めのキリを取り付ける際、可動限界を狭く設定している分、キリの先がタッチセッタに届かずタッチセッタに当てるために一度パラメータを再設定しなければならないことです。

この問題に関しては、特に時間がかかることでもありませんので、私は長いキリを取り付ける度にパラメータをいじっています。

確かに面倒ですが副産物的なメリットもあります。それは稼働限界パラメータをいじらなければならない場合、それほど長いキリということが分かるため、キリの先端がZ-方向の壁にぶつかる危険を事前に察知できることです。

慣れていなければ少々面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば5秒程度で設定が可能ですので、リスク回避のために是非真似してみてください。

ワークや爪、左側の壁に工具をぶつけないようにする対策

主軸へのぶつけ

最も基本的なところですが、普段の加工で最も身近なぶつけ方ではないでしょうか。

これは、まずは基本的なアプローチをしっかりやることで防ぐことができます。

その基本的なアプローチはこちらの記事で解説していますので、さらに衝突を回避するために対策として行っていることを追加で書いていきます。

長い工具をセットしている場合は、その工具も見ながらアプローチを行う

先述の通り、Z+の可動限界を変更する際の副産物的メリットに、長いキリ等をつけたときにぶつかる危険がある長さかどうかを判断できるということがありましたね。

もしこの場合にあてはまり、ぶつかる危険の高い長さの工具ということがわかっているとき、その工具を選択していないときでもアプローチ時にその工具を見ながらアプローチを行っています

そして、少しでもぶつかりそうと感じたら機械を止め、スケールで壁と長い工具の先端の距離を測り、ぶつからないかどうかを確認しています

オークマのサービスさんに聞いた話ですが、NC旋盤で機械内の作業灯のカバーにキリをぶつけてしまい、カバーが割れている機械もよく見るということでした。

今回説明した項目を守っていれば、そのようなことが起こる確率もグッと減ると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

外径荒加工、内径荒・仕上げ加工は爪に当たる直前で停止を押す

外径のぶつけ
外径を削る際、バイトを進めすぎると爪にぶつかる
内径バイトのぶつけ
内径バイトの場合、進めすぎるとバイトスリーブがワークにぶつかる

外径荒加工など、爪やワークにタレットが近づいていく加工を行う場合、加工前に残り距離を確認し、スケールで測ってぶつからないことを確認しておくのが基本です。

初心者のうちは毎回これをやったほうが間違いなく良いです。

ですがなれてくると毎回測らなくてもぶつかるかどうかを判断できるようになります。

どうやって判断するかというと、工具やタレットが爪などにぶつからないか削りながらクーラントを止めてチェックしており、ぶつかる直前で送りを止められるように準備しているからです

具体的には1回目に機械を動かす際に、外径・内径荒加工の1パス目と内径仕上げ加工等でチェックしています。

削っている最中、爪などぶつかる可能性がでてくるタイミングでクーラントを止め、ぶつかる寸前1mmくらいになったら停止させます。ちょうど上の外径加工の画像のぶつかる直前のところです。

大抵は1mmくらいになる前に工具が戻るため止めることはありませんが、プログラムミスや材料が短かった場合、それから内径バイトの長さのをミスして短くしてしまっていた場合など、たまに止めることになることがあります。

そういう場合は手動割り込みでワークと工具を離した後、残り距離を確認し、スケール等でぶつからないかを確認します。

それでもギリギリぶつかるかぶつからないかくらいの位置の場合、目標位置まで実際にバイトを移動させてみて、ぶつからないかを確認しています。

それでぶつからなければそのまま動かし、ぶつかるのであれば段取りの変更をするといった具合です。

ミスを無くす動作をルーティンにする

今回はぶつけるミスをなくすための記事を書きました。

ぶつけないように「注意しよう注意しよう・・・」といくら思っていても、人間なので100%ミスをなくすことは不可能です

なので、冒頭で紹介したM2を入れる方法も然り、いかにそのミスをなくす動作をルーティンにするかがミスを減らすために大切なことだと思います。

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)くらうど。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネットくらうど

<日本ツクリダス㈱より→インターネットラジオが公開されました!>

聞いてみましたが和やかな雰囲気で親しみやすく、それでいて町工場の中身も知れる面白い内容です! 会員登録など不要で無料で聞けますので気になった方はぜひ聞いてみてください(^^

「会社に行きたくない人」に私が全力で転職を勧める理由

ここからはかつての私のように苦しんでいる方へのメッセージです。

あなたは「会社に行きたくない」と思いながら嫌々出社していませんか?

かつての私もそうでした

仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なく、それでも我慢して出勤していました。

ですが、会社にいる時間が人生で最も長い時間です。

その時間が充実していないなら人生そのものが惨めになるということです。

もしあなたが

・自分のやりたい仕事ができない

・自分の好き・得意を武器にした専門性を伸ばせない

・いつまでも会社が守ってくれるとは限らない

こう感じているなら、ぜひ自分のやりたい仕事や、専門性を活かした仕事への転職を検討してください。

自分の専門性を伸ばせれば、会社に万一のことがあってもつぶしが効きます。

私は思い切って転職してから人生が変わりました。

インフラ大手企業幹部候補→国家公務員総合職試験合格→零細町工場

という異色の経歴を歩んできた私ですが、あのとき転職の決断ができて本当に良かったと思っています。

自分のやりたい仕事、専門性がわからない・・・」

それは当たり前のこと。これらは転職活動をしてみて初めて分かることだからです。

転職エージェントと話をして第三者の目線から質問を受けて回答を考えたり、

履歴書・面接準備をしたり、人事と話をしたり・・・

そういうプロセスを経ることで自分の強みや弱みが分かってきます。

私の経験上、誰もが必ず自分の専門性の種を持っています

会社がそれに気づかず、伸ばそうとしていないだけです。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです。

良い求人がなければ転職しなければいいだけですから。

私がおすすめする製造業専門の転職エージェント(メイテックネクスト)は今すぐ転職しなくても電話でのキャリア相談だけでもOKというところです。

「〇〇という専門性を磨きたい」「このキャリアプランについてアドバイスがほしい」

こういった聞き方をするだけで力になってくれます。

エージェントに直接聞いたのですが、このコロナ禍で転職活動をする人が少なく、優良求人が余って逆にチャンスになっています。

一つ注意点として、私は大手からいきなり零細町工場に転職しましたが、大手から零細企業に転職するのは非常に簡単な一方逆は難しいという現実がある以上、まずは大手企業に転職することをお勧めします。(参考記事:零細企業はやばい”は本当?

とはいっても、中途で大手に正規雇用で就職するのは難しいというイメージはありますよね。

実は製造業に限っては意外と簡単に大手企業に就職することができてしまいます

私も転職時に活用したメイテックネクストでは、ものづくり系職種に絞られる分好条件の大手の非公開求人が多いため、この転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

サイト自体の知名度がそれほど高くなく、電話面談が必須ということから良い条件の求人の倍率が低いのが特徴で、穴場の転職支援サイトです。

私がそうであったように、あなたの得意も必ずあります

あとは行動を起こす勇気だけ。この文章をきっかけに、少しでもあなたの人生が良い方向に進めば嬉しいです。

NC・汎用旋盤技術
旋盤工のTAKのブログ

コメント