【マシニングセンタ】ファナックとオークマの違いは?ファナックのプログラムをオークマに直そう!

違い1:原点設定

ファナックでは、G54からG59まで原点を登録して使用しますね。

しかし、オークマではG15H○○で原点設定します

例えば、G15H01で、1番の原点を呼び出すといった具合です。

ここで、問題が出てきます。 工具長補正にもHを使うということです。

ですが、原点設定のHは、G15と同一ブロックでしか認識されません

つまり、G15H○○という形で覚えておけば安心ですね。

入れる場所は、シークエンス番号のすぐ後が良いでしょう。

違い2:工具長補正

ファナックだと、工具長補正はG43,工具長補正キャンセルはG49ですね。

しかし、オークマでは工具長補正がG56,キャンセルがG53になります

Hの考え方はファナックと同様です。

違い3:サブプログラム

ファナックでは、サブプログラム呼び出しはM98P○○○○、サブプログラムの最後はM99でしたね。

しかし、オークマではサブプログラム呼び出しがCALL半角スペースO○○○○、サブプログラムの最後はRTSとなります

半角スペースが必須というところがミソです。

例えばCALL O1800 といった具合です。

ちなみにRTSは、リターントゥスタート?の略だそうです。

CALL、RTSのような横文字のことを、ニーモニックコードといい、オークマ特有のものです。

ニーモニックコードには、必ずブロックの先頭に置き、次の文字との間に半角スペースを入れるというルールがあります。

違い4:原点復帰

ファナックでは、RETRACTのサブプログラムの中に、G91G28Z0と入れて、原点復帰をしていましたね。

しかし、オークマでは原点復帰は厳禁です。

オークマでは原点が機種ごとにばらばらで、テーブルの上面に原点が設定されている場合も多いそうです。

これは、オークマの機種で原点復帰すると、工具とテーブルが激突してしまう危険があるということです。

ならどうするか。

ファナックのG91G28Z0の代わりに、オークマではG0X0Y1000Z1000と入力します。

1000なんて入力してしまうと、行き過ぎでエラーが出るんじゃないの?と私も思いました。

しかし、オークマでは行き過ぎの数字を入力してもエラーは出ず、限界点で止まってくれるそうです。

Y1000と入力する理由は、縦型マシニングセンタでは、Yのプラス方向=テーブルが手前に近づく方向であるため、ワーク交換がしやすいためです。

違い5:穴あけの固定サイクル

ファナックでは、

G99G81Z–R–F–K0

X–Y–

X–Y–

のように入力しましたね。(R点復帰)

オークマでも基本的には同じですが、G99とK0の部分が異なります

まず、G99部分の復帰方法については、ファナックではイニシャル点復帰G98とR点復帰G99の2種類でしたが、オークマでは3種類あります。

オークマプログラム復帰方法

それがこちら。

M52,M53,M54の3種類です。

M52はほとんど使わないそうです。

M53は、事前にG71で指定しておいたZ点まで逃げます。これをイニシャル点復帰の代わりに使うことになります。

M54はR点復帰です。

NCYLについて

そして次に、K0の代わりに何を使うのか。

それは、NCYLというニーモニックコードです。

NCYLのNCはノーサイクルとのこと。

つまりファナックの穴あけサイクル

G99G81Z–R–F–K0

X–Y–

X–Y–

をオークマに直すと、

NCYL M54G81Z–R–F–

X–Y–

X–Y–

ということになります。

違い6:ドウェルなどの値が秒でOK

ファナックでは、ドウェルなどは

G4P1000 もしくはG4X1.0

で一秒でしたね。

しかしオークマでは、

G4P1.0

と入力することで、一秒止まります

違い7:ねじ切りサイクル

ファナックでは、ねじ切りサイクルは

M135S–

G99G84Z–R–F–K0

X–Y–

X–Y–

という形で入力していました。

オークマでは、G84に、M135の<回転と送りを同期>が含まれます

つまり、M135はいりません。

これを踏まえて上のプログラムをオークマに直すと以下のようになります。

NCYL M54G84Z–R–F–

X–Y–

X–Y–

こちらの方が簡単ですね。

以上を押さえておけば基本は問題ないとのことでした。

違い8:固定サイクルキャンセルG80

ファナックと違い、オークマでは固定サイクルキャンセルG80で主軸が止まります

ファナックの授業では、固定サイクルを使うサブプログラムの最後にG80でキャンセルするように習いましたが、オークマではこれは止めた方が良いでしょう。

コメント