【マシニングセンタ】ファナックとOSP(オークマ)のプログラムの違いは?ファナックをOSPに直そう!

違い1:原点設定

ファナックでは、G54からG59まで原点を登録して使用しますね。

しかし、オークマではG15H○○で原点設定します

例えば、G15H01で、1番の原点を呼び出すといった具合です。

ですが、Hのコードを使うのには一つ問題点があります。 工具長補正にもHを使うという点です。

ですが、原点設定のHは、G15と同一ブロックでしか認識されません

つまり、G15H○○という形で覚えておけば安心ですね。

入れる場所は、シークエンス番号のすぐ後が良いでしょう。

違い2:工具長補正

ファナックだと、工具長補正はG43,工具長補正キャンセルはG49ですね。

しかし、オークマでは工具長補正がG56,キャンセルがG53になります

Hの考え方はファナックと同様です。

違い3:サブプログラム

ファナックでは、サブプログラム呼び出しはM98P○○○○、サブプログラムの最後はM99でしたね。

しかし、オークマではサブプログラム呼び出しがCALL半角スペースO○○○○、サブプログラムの最後はRTSとなります

半角スペースが必須というところがミソです。

例えばCALL O1800 といった具合です。

ちなみにRTSは、リターントゥスタート?の略だそうです。

CALL、RTSのような横文字は「ニーモニックコード」と呼ばれ、オークマ特有のものです。

ニーモニックコードには、必ずブロックの先頭に置き、次の文字との間に半角スペースを入れるというルールがあります。

違い4:原点復帰

ファナックではRETRACTのサブプログラムの中に、G91G28Z0と入れて原点復帰を行います。

一方、オークマでは原点復帰は厳禁です。

オークマでは原点が機種ごとにばらばらで、テーブルの上面に原点が設定されている場合も多いそうです。

つまり、オークマの機種で原点復帰すると工具とテーブルが激突してしまう危険があるということです。

ではどうすれば良いかというと、ファナックのG91G28Z0の代わりに、オークマではG0X0Y1000Z1000と入力します。

1000は当然リミットオーバーした値ですが、オークマでは行き過ぎの数字を入力してもエラーは出ず、限界点で止まってくれます。

Y1000と入力する理由は、縦型マシニングセンタではYのプラス方向=テーブルが手前に近づく方向なので、ワーク交換がしやすいためです。

違い5:穴あけの固定サイクル

ファナックでは、

G99G81Z–R–F–K0

X–Y–

X–Y–

のように入力しましたね。(R点復帰)

オークマでも基本的には同じですが、G99とK0の部分が異なります

まず、G99部分の復帰方法については、ファナックではイニシャル点復帰G98とR点復帰G99の2種類でしたが、オークマでは3種類あります。

オークマプログラム復帰方法

それがこちら。

M52,M53,M54の3種類です。

M52はほとんど使わないそうです。

M53は、事前にG71で指定しておいたZ点まで逃げます。これをイニシャル点復帰の代わりに使うことになります。

M54はR点復帰です。

NCYLについて

そして次に、K0の代わりに何を使うのか。

それは、NCYLというニーモニックコードです。

NCYLのNCはノーサイクルとのこと。

つまりファナックの穴あけサイクル

G99G81Z–R–F–K0

X–Y–

X–Y–

をオークマに直すと、

NCYL M54G81Z–R–F–

X–Y–

X–Y–

ということになります。

M54は省略できるため、現場でプログラムを組む際は

NCYLG81Z–R–F–

とすればOKです!

違い6:ドウェルなどの値が秒でOK

ファナックでは、ドウェルは

G4P1000 もしくはG4X1.0

で一秒でしたね。

しかしオークマでは、

G4P1.0

と入力することで、一秒止まります

似ていますが、数値の入力方法に違いがありますね。

違い7:タッピングサイクル

ファナックでは、ねじ切りサイクルは

M135S–

G99G84Z–R–F–K0

X–Y–

X–Y–

という形で入力していました。

オークマでは、G84に、M135の<回転と送りを同期>が含まれます

つまり、M135はいりません。

これを踏まえて上のプログラムをオークマに直すと以下のようになります。

NCYL M54G84Z–R–F–

X–Y–

X–Y–

こちらの方が簡単ですね。

こちらもM54は省略できます。

以上を押さえておけば基本は問題ありません。

違い8:固定サイクルキャンセルG80

ファナックと違い、オークマでは固定サイクルキャンセルG80で主軸が止まります

ファナックの授業では、固定サイクルを使うサブプログラムの最後にG80でキャンセルするように習いましたが、オークマではこれは行わないようにします。

ファナック・OSPともに実際に機械を動かして慣れるのが上達の近道!

本記事でご紹介したのは、ファナックとOSPの違いのうち基本的なところのみです。

OSPでは標準の機能である穴位置パターンのBHCがファナックでは使えないなど、本記事で紹介した以外にも違いはあります。

ファナック・OSPともに実際に手を動かしてプログラムを組み、機械を動かすのが早く習得するための近道です。

基本を理解したら、どんどんプログラムを組んで加工を行ってみましょう!



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
マシニングセンタ技術
キカイネット

コメント