【NC旋盤】平どりのあるヘッド交換式ボーリングバーの比較!

ヘッド交換式のボーリングバーは、ヘッドを交換することで多様な形状に対応できること、シャンクを自作することで干渉を気にすることなく適した長さのシャンクを使い分けられるメリットがあります。

そこで本記事では、φ40のツールホルダにセットすることができる比較的大径用のヘッド交換式ボーリングバーの比較をしていきます!

φ40シャンクの比較的大径のものをラインナップしている工具メーカーはサンドビック、京セラの2社

シャンクに平どりがされていないものも含めるとタンガロイでも見つけましたが、今回はそれほどびびり抑制に重きを置かない場合を想定しているため平どりされているもの限定でご紹介します!

ちなみにφ16の比較的小径の超硬シャンクではイスカルも見つかりました。

今回は紹介しませんが、高価な超硬シャンクのみ使いまわし、ヘッドを交換してコストを抑えるイスカルのアイデアはとてもいいですね!

それでは本題に入り、京セラ・サンドビックの工具をそれぞれ紹介していきます。

京セラのヘッド交換式ボーリングバー

ADバー

京セラからはADバーという防振機構つきのものが販売されています。

ヘッドの種類

ヘッドの種類は5種類。

多少のならい加工に対応するヘッドもありますが、基本は通常の内径加工に対応するかたちになります。

シャンク

シャンクは1種類の防振機構つきのもののみです。

サイズ展開はφ32,φ40、φ50の3種です。

φ40のものだと全長は360。長いですね。

さらにヘッドの長さも加わればさらに長くなってしまいます。これだけ長いと心間500のNC旋盤ではシャンクのカットが必要になりそうです。

とはいえこの長さに防振機構に自信があることがあらわれていますね。

平どりの便利さと防振を両立した扱いやすさ重視のモデルといえます。

とはいえ防振機構なしの通常の鋼シャンクはラインナップされていないため、高価な防振機構付きしか選択肢にないのは選ぶ際に少し窮屈に感じます。

サンドビックのヘッド交換式ボーリングバー

CoroTurn®SL

サンドビックのヘッド交換式ボーリングバーは”CoroTurn®SL”という名称です。

というよりCoroTurn®SLの一つのジャンルとしてボーリングバーがあるかんじです。

世界のサンドビック様はやはりラインナップ種類がすごい。

ヘッドもシャンクもかなりの種類があります。

ヘッドの種類

六種類の穴ぐり用ヘッド6種類があるだけでなく、なんと溝入れ用やねじ切り用のヘッドもラインナップされています

一本のシャンクでこれほど多様な加工ができるのはサンドビックならではのメリットですね。

シャンク

14Dまで突き出し可能な超高性能防振超硬バーから、平どりされている鋼の通常のシャンクまで多様なものが用意されています。

必要な性能や価格によって選べるので、選択肢が多いのは助かりますね。

今回の目的である通常の鋼シャンクを画像に載せています。

φ40だとシャンク長さは283。 ちょうど良い長さです。

京セラとサンドビックどっちがいい?

この勝負ではほぼ完全にサンドビックの勝ちです。

もちろん目的にもよりますが、サンドビックの工具のほうが選択肢が多く、目的に合わせた選択ができるのでボーリングバーではサンドビックに軍配があがります。

ただカタログでは金額は調べられなかったため、そこを判断材料に加えるとまた評価が変わってくる可能性はあります。

ヘッド交換式ボーリングバーを検討した理由

とある仕事でφ155、深さ215の内径を加工することになりましたが・・・そんなに深くまで加工できるボーリングバーなんて手持ちにない!

・・・ということで深くまで加工できる太めのボーリングバーが必要になりました。

勤務先で使っているLB3000−EX2の内径バイトホルダは最大φ40のため、φ40のバイトを探すことになりました。

とはいえ心間500なので、後ろに25mmほどしか突き出せないことを考慮すると、そんな長いボーリングバーを買っても深さ200前後のの穴ぐりにしか使えず一度使ってお蔵入りになりそう。

そこで一案として、シャンクを自作して付け替えられるヘッド交換式のボーリングバーを検討してみることにしたわけです。

通常のボーリングバーを選んだほうが良い場合がほとんど

本記事で紹介したようにシャンクとヘッドが分離しているタイプは、主に防振機構を持ったシャンクを使い回すためにヘッド交換式になっています。

防振機構が必要ない場合はそもそもヘッド交換式を選ぶメリットが薄いため、メーカーにはほぼラインナップがありません。

防振機構つきのシャンクはかなり高価なため、それを買うくらいであれば長短2種類の鋼ボーリングバーを買ってしまったほうが安いということになってしまいます。

そのため私も一度はヘッド交換式を検討しましたが、結局は京セラの通常のボーリングバーを買うことになりました。

びびりを抑えたい場合は高価な防振バーも検討の価値あり

防振バーに介しては各社かなり魅力的で面白いものを販売しています。

本記事で紹介した京セラのものもその一つです。

また今度防振バーに絞った比較をしていこうと思っています。お楽しみにー!

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネット

 

出社するのが辛いあなたへ。会社を辞めて黙々と工作をする生き方のすすめ


会社に行きたくない。でも生きていくにはお金が必要。だから会社を辞められない


「副業してお金を稼げるようになって脱サラしてやる」と副業に挑戦してみるも、逆にそれが自分には難しいということを痛感させられて終わる。


そして苦しみながら明日も明後日も出社する・・・・



これ、全部大企業の幹部候補として働いていた頃の私のことです。



この苦しみの連鎖をなんとか断ち切りたいと私が取った行動は

総人数6人の零細企業に転職して旋盤工になるという選択でした。



結果、現在本当に幸せな人生を送っています。



人数の内訳は経営者一族が4人、私を含めた社員が2人です。


転職してから約5年経ちますが、社長一族は社員を家族のように扱ってくれるので、出社するのは家に帰るような感覚です。


仕事内容は、1日中NC旋盤と汎用旋盤で金属部品を作るだけ。


これがまた楽しい。工作をしているような感覚で、技術も身につきやりがいも感じます。


職人仕事なので、会社の中で人と話す機会も多くないです。


年収は現在29歳で、残業なしで420万ほど。残業の多い年は500万を超えます。年5000〜1万円くらいしかお給料は上がりませんので多いとは言えませんが、生活していくには十分です。


普通の会社だと異動になって人間関係が悪くなると逃げられませんが、手に職ついた私であれば、万が一環境が変わって人間関係が悪くなったり、倒産してしまっても同業他社に就職することができます。



どうですか?



幸せな人生って、あなたに一歩踏み出す勇気さえあれば意外と簡単に手に入るんです。 


機械加工の職人仕事は今人手不足なので、30代はもちろん例え40代未経験でも十分間に合います。


私が勤めているような零細企業は全国にたくさんあります。 


私が転職に使ったサイトの中で、一番良いと思ったメイテックネクストというものづくりエンジニア専門の転職サイトのリンクを張っておきますので、まずはあなたの地域にいい会社があるかどうか電話面談で聞いてみてくださいメイテックネクスト


今メイテックネクストを見るという小さな行動が、1年後のあなたを大きく変えるかもしれません。


かつての私のように苦しんでいるあなたの人生を変えるきっかけになれば嬉しいです。


追記

ものづくり系以外に興味があるなら、今なら最王手リクルートの就職shopが一番おすすめです。 こちらも電話面談で求人を紹介してもらえます。就職Shop

電話面談がおすすめですが、それはハードルが高いと言う方はリクナビNEXTに載っている求人を見るだけでもいいです。まずは行動を起こしてみてくださいね。

求人のお知らせ

日本ツクリダス㈱より求人のお知らせです。

日本ツクリダスは金属加工業の町工場ですが、加工だけでなく製造業向けソフトウェアの開発販売やWEB制作サービスも提供している会社です。

職種は製造職(NCフライスもしくはNC旋盤)と営業職、ブログライターの3種類。場所は大阪府堺市です。

普段から社長のtwitterを拝見しているのですが、本当に楽しく仕事ができそうな環境です。

詳しくはこちらのリンクからどうぞ!

雑記
旋盤工のTAKのブログ

コメント