会社が本当に辛かった私からの
転職のススメ
エムネットくらうど

【オークマNC旋盤】プログラムは対話が手打ちより圧倒的におすすめな理由

対話図面
このプログラム、手打ちだったら多少時間がかかりそうですが・・・

オークマNC旋盤では、手打ちより、対話(らくらく対話アドバンス)を使ったほうが圧倒的おすすめです。

上の図面のプログラムでしたら、5分程度で作れてしまいます

今回はその理由を説明していきます。

対話の方が打ち込む文字の数が少ないため速い

対話では、G0やG1などのGコードや、クーラントONOFFのM8,M9などのMコードはすべて自動で入力してくれます

それだけ打ち込む文字数が少なくなるということです。

それだけで純粋に速くなります。

切削条件を自動で決めてくれる

対話では、キリでの穴あけ、外径、内径加工等の回転数や送りも自動で入力してくれます

手打ちだと、切削速度や送りを自分で入力しなければなりませんよね。

もちろん自動で入力された切削条件を自分で変更することも可能です。

らくらく対話アドバンスでは、材質を始めに設定するのですが、材質ごとに切削条件を保存しているため、外径荒のように加工の種類を決めるだけで切削条件を自動入力してくれます。

Rが分かっている円弧や角度が分かっているテーパーの始点終点を計算してくれる

例えばテーパーで、Z0から始まって、角度20°でX50,Z-2までという指示が図面に出ているとします。

この指示だと始点のX座標がわかりませんよね。普段なら、関数電卓を叩いて計算したり、CADを使って座標を出したりという作業が必要になると思います。

しかし、対話を使うと上の情報さえ入力すれば、始点のX座標を計算してくれます。

始点が分かっており、終点が分かっていない場合も同様です。

プログラムの編集が速い

対話プログラム

手打ちでは、例えば外径仕上げの回転数をいじりたい場合、カーソルを下に移動させ、工具のT番号を見つけ、その中でSの指示を見つけて、そこにカーソルを持っていって入力して初めて編集できます。

対話だと、4工程のプログラムだと、メイン画面ではたったの4行です。4つの工程の中から外径仕上げにカーソルを持っていき、画像では回転数998になっている部分を変更するだけです。

回転数の場所を探す手間がだいぶ少ないですよね。

同じように、プログラムの間に別のプログラムを入れたり、一つの工程をまるまる削除する場合も対話のほうが速いです。

手打ちのプログラムも挿入できる

うちは手打ちでしかできない操作をつかっているんだ!というあなた。

対話でも、手打ちのプログラムを挿入することができます

私は芯押しのプログラムや、M0でプログラムを止めたい時、スロッターでキー溝を掘る際などに手打ちのプログラムを対話に挿入して使います。

対話に手打ちのエッセンスを加えることで、プログラム作成のスピードを上げながら、幅広い種類の加工ができます。

切削経路の画像を見ながらプログラミングできる

手打ちでのプログラミングは、プログラミング中は英数字のみしか表示されていませんよね。

そのためプログラムを組み終わってからシミュレーション画像を確認し、組んだ形状に問題がないか確認する流れになります。

その点対話では、形状を入力すると画面にその形状が表示されるため、入力ミス等でおかしな形状になっていたらその都度気づいて修正を加えることができます

C面の大きさなども画像を見ながら丁度いい大きさに都度調整できますしね。

また、画像を見ながら形状を決めることで座標計算が必要なくなる局面もあります

例えば研磨前のテーパー部のみの取り代をとった加工など、厳密な角度指定が必要ない場合は研磨後の形状を先に入力し、その画像を見ながら角度を良い具合に調整して決める・・・というようなことも可能です。

この点は対話でプログラミングする大きなメリットだと思います。

繰り返し機能が使える

例えば、内径バイトを上から下へ端面方向に送り、内径端面にできた膨らみを0.1mmずつ10回、1mmとりたいとき。

対話であれば繰り返し機能を使い、簡単にプログラムを作れます

内径仕上げのプログラムをつくり、Zを−0.1ずつずらして10回繰り返すように指示してやればそれで終わりです。

このような、固定サイクルが用意されていない加工の場合、手打ちだと座標を10回分全て入力しなければならない場合があります。

意外と対話でも、こういった特殊なプログラムの作成も簡単な場合があるんです。

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)くらうど。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネットくらうど

<日本ツクリダス㈱より→インターネットラジオが公開されました!>

聞いてみましたが和やかな雰囲気で親しみやすく、それでいて町工場の中身も知れる面白い内容です! 会員登録など不要で無料で聞けますので気になった方はぜひ聞いてみてください(^^

「会社に行きたくない人」に私が全力で転職を勧める理由

ここからはかつての私のように苦しんでいる方へのメッセージです。

あなたは「会社に行きたくない」と思いながら嫌々出社していませんか?

かつての私もそうでした

仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なく、それでも我慢して出勤していました。

ですが、会社にいる時間が人生で最も長い時間です。

その時間が充実していないなら人生そのものが惨めになるということです。

もしあなたが

・自分のやりたい仕事ができない

・自分の好き・得意を武器にした専門性を伸ばせない

・いつまでも会社が守ってくれるとは限らない

こう感じているなら、ぜひ自分のやりたい仕事や、専門性を活かした仕事への転職を検討してください。

自分の専門性を伸ばせれば、会社に万一のことがあってもつぶしが効きます。

私は思い切って転職してから人生が変わりました。

インフラ大手企業幹部候補→国家公務員総合職試験合格→零細町工場

という異色の経歴を歩んできた私ですが、あのとき転職の決断ができて本当に良かったと思っています。

自分のやりたい仕事、専門性がわからない・・・」

それは当たり前のこと。これらは転職活動をしてみて初めて分かることだからです。

転職エージェントと話をして第三者の目線から質問を受けて回答を考えたり、

履歴書・面接準備をしたり、人事と話をしたり・・・

そういうプロセスを経ることで自分の強みや弱みが分かってきます。

私の経験上、誰もが必ず自分の専門性の種を持っています

会社がそれに気づかず、伸ばそうとしていないだけです。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです。

良い求人がなければ転職しなければいいだけですから。

私がおすすめする製造業専門の転職エージェント(メイテックネクスト)は今すぐ転職しなくても電話でのキャリア相談だけでもOKというところです。

「〇〇という専門性を磨きたい」「このキャリアプランについてアドバイスがほしい」

こういった聞き方をするだけで力になってくれます。

エージェントに直接聞いたのですが、このコロナ禍で転職活動をする人が少なく、優良求人が余って逆にチャンスになっています。

一つ注意点として、私は大手からいきなり零細町工場に転職しましたが、大手から零細企業に転職するのは非常に簡単な一方逆は難しいという現実がある以上、まずは大手企業に転職することをお勧めします。(参考記事:零細企業はやばい”は本当?

とはいっても、中途で大手に正規雇用で就職するのは難しいというイメージはありますよね。

実は製造業に限っては意外と簡単に大手企業に就職することができてしまいます

私も転職時に活用したメイテックネクストでは、ものづくり系職種に絞られる分好条件の大手の非公開求人が多いため、この転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

サイト自体の知名度がそれほど高くなく、電話面談が必須ということから良い条件の求人の倍率が低いのが特徴で、穴場の転職支援サイトです。

私がそうであったように、あなたの得意も必ずあります

あとは行動を起こす勇気だけ。この文章をきっかけに、少しでもあなたの人生が良い方向に進めば嬉しいです。

NC・汎用旋盤技術
旋盤工のTAKのブログ

コメント