会社が本当に辛かった私からの
転職のススメ
エムネットくらうど

【NC旋盤】生爪の成形を1から解説!その①

生爪成形1
クリックで拡大
生爪成形2
クリックで拡大

NC旋盤において、避けては通れない作業が生爪の成形です。

避けて通れない基本事項の割には断続切削で、刃物の選定や切削条件も適当では刃物が欠けてしまうため、多少の知識が必要な作業です。

今回は生爪成形の流れにそって、その作業方法を具体的に説明します。

爪成形

まずは一番基本的な形状である、この図のような爪の成形方法を説明していきます。

φ50、深さ8の生爪とします。

新品の生爪を用意しよう

アーム産業の生爪

まずは上のような新品の生爪を購入し、用意します。

ちなみに私が使っているのはアーム産業の生爪です。 

会社では私が入社する前からこのメーカーを使っていたため、アーム産業のものを使っている理由はわかりません。  「アーム産業よりも安い・質のいい生爪あるよ」という情報をお持ちの方はぜひ教えて下さい!

下準備として番号を刻印する

まず、それぞれの生爪側面に1〜3の番号を刻印します。

なぜ番号を刻印するのかというと、生爪は成形時に取り付けていた箇所と同じ箇所に取り付けないと芯が出ないから

チャックにも番号が振ってあるため、その番号に対応した場所に生爪を取り付けます。

生爪の取り付け

まずは、加工できるように爪チャックに取り付けましょう。

爪をボルトとジョーナットで固定するのですが、このときに締め付けトルクは一定にするように意識すると、生爪のつけ外しの際に芯が狂いにくくなります。

さて、いよいよ加工です。ですが、生爪でワークを掴んでいる状態にしなければ、爪を削っても芯が出るようにはなりません。

そこで、チャックメイトという製品を使います。

基本はチャックメイトを使う

チャックメイト
チャックメイト(モノタロウより)
チャックメイト取り付け
チャックメイトを取り付けた様子(川下機工より)

生爪の芯を出すには、ワークを掴んだときと同じ状態を作らなければいけません

そのために、画像のようなチャックメイトという治具を利用し、チャックを締めてやります

これを使えばワークを掴んだのと同じように爪を締め付けた状態になり、芯が出ます。

NC旋盤を持っているのにチャックメイトがない方は、すぐに購入することをおすすめします。複数種サイズがあるので、合うものを購入してください。

ちなみにチャックメイトではなく、ジョーロックという似たような治具もあるようです。

チャックメイトの使い方

チャックメイトは、3つのピンを、それぞれ3つの生爪の穴の中に入れ、チャックを締めて使います

油圧チャックでもスクロールチャックでも使えます。

NC旋盤の多くで採用されている油圧チャックの場合、油圧は0.8に設定してください。

チャックメイトの説明書にも記載がありますが、油圧を0.9以上に設定してしまうと、チャックメイトが変形してしまう恐れがあります。

逆に油圧を低くしすぎるとチャックを回転させたときにチャックメイトが外れてしまう可能性があります。

セレーション高さの調節

モノタロウより

セレーションとは何かをご存知でしょうか。

生爪の裏についているギザギザのことです。画像で見ていただくとイメージがわくと思います。

爪成形の際、セレーションを何段チャック外径から出すか、これはNC旋盤やチャックごとに違います。

では爪成形の際はセレーションをチャック外径から何段出した状態にするかというと、爪の先端が干渉しない範囲で最大まで爪を出した状態にします

勤務先のNC旋盤LB3000で8インチの北川のタイプのチャックでしたら、セレーション高さ大体5段分まではチャックから出してもバイト等に干渉しないので、最大の5段分の状態で加工します。

セレーションを出した状態で生爪を成形することによって、爪を下げて取り付けることにより径の小さいワークを掴むことができます。このとき多少芯はずれますが、実用十分です。

何段出すかは各々のNC旋盤や装備する工具によって異なりますので、干渉することのない範囲を確認した上で、その中で最大まで出してやるとよいでしょう。

ボルト穴が干渉してくるような、チャックメイトを使えない爪成形は次回に解説します。

高さ調節が終わったら、爪を外しても一度同じところに取り付けられるようにけがき針で爪に印を付けておきましょう

つかみの深さ(爪位置)の調節方法

つかみの深さ(爪位置)は、チャック締めの動作中にチャックメイトを左右に回転させることで調節できます。

爪位置の調節方法
爪位置の調節方法

爪位置の調節は、画像の右側のように、チャックに表示されているガイドの間に線がくるように行ってください。

ガイドより線が上になっても下になっても、把握力が弱くなってしまい、加工中にワークが飛んでしまう原因になります。。。

恥ずかしながら私は一年目にこの線の下限で掴んだことによってワークを飛ばしてしまった経験があります(^^;

私のおすすめは、ガイドの上側いっぱいいっぱいのところです。もちろん上側の限界ということではなく、図の右側でいうところの矢印の範囲内で上側いっぱいということです。

ガイドの真ん中でも間違いではありませんが、可能な限り上側にしておいたほうがワークを掴む際のストロークに余裕ができるため、段取りした外径のワークよりも多少小さなワークであれば掴むことができるようになります。

工具の段取り

工具は、必ず断続切削用のチップを使用したものにしてください。

そして、ぬすみを入れるため、角度が60度、ノーズR0.4のチップが良いです。

私が実際生爪成形に使うチップも上記のタイプです。型番なども要望があれば記載しようと思いますので、知りたい方はコメントで教えて下さい!

荒、仕上げ両方一本のバイトで行います。生爪を削るときは大抵1セットだけですからね。

断続切削になる分びびりも発生しやすくなりますので、バイトの突き出し長さはなるべく短めにしてください。

ですが、チャックメイトのピンが出っ張っているので、そこに干渉しない突き出し長さになるよう気をつけましょう。

生爪成形のプログラムと切削条件

オークマNC旋盤では、基本は対話(らくらく対話アドバンス)を使って作りましょう。

その方が圧倒的に早いです。

対話の使い方は別記事でまとめていますので、参考にしてください。

形状は以下の通りとします。

生爪のチャックメイトで掴んだときに、削り始めるところがφ35であるとします。この径は内径バイトを近づけて調べてみてください。適当な大きさの丸棒を入れてみて、φ35が入ればφ35から削り始める・・・としてもOKです。

内径荒 切削条件はV160、ap1.0、F0.15 サイクル基準点Xは35に変更

  • 工程開始点(X50.1、Z0)
  • 丸め(R1)
  • 長手(Z-8)
  • 端面(X35)

内径仕上げ(刃物は荒と同じ)切削条件はV180、F0.1

  • 工程開始点(X50.1、Z0)
  • 丸め(R1)
  • 長手(Z-7.2)
  • テーパー(X50.9、Z-8)
  • 端面(X35)

仕上げはプログラムにテーパーを加えて逃がし(ぬすみ)を加工しています。

ここで、仕上げでぬすみを加工するタイミングだけ送りをダイヤルで半分の0.05に下げてやると刃物を傷めずにぬすみを加工することができます

終わったらφ50の素材を入れてみて、入るか確認しましょう。

もし入らないようであれば、0.1ほど大きくしてもう一度削ってやり、完成です。

それでも入らないようであればチップが傷んでいますので、交換してもう一度仕上げましょう。

これを応用して通しの爪も簡単に作れる!

 チャックメイトを使えば、通しの爪も簡単に作ることができます。

例えばφ40通しの爪であればプログラムは以下の通り。

生爪の深さは42とします。

  • 工程開始点(X40.1、Z0)
  • 丸め(R1)
  • 長手(Z-43)

荒、仕上げ両方ともプログラムはたったこれだけです。段付きのものより簡単ですよね。

最後にバリ取りをして完成

最後にリューターやヤスリでバリをとって完成です。

次回はチャックメイトで対応できない大きい径の生爪を成形したい場合のために、チャックメイトを使わないパターンの成形方法を解説していきます!

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)くらうど。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネットくらうど

<日本ツクリダス㈱より→インターネットラジオが公開されました!>

聞いてみましたが和やかな雰囲気で親しみやすく、それでいて町工場の中身も知れる面白い内容です! 会員登録など不要で無料で聞けますので気になった方はぜひ聞いてみてください(^^

「会社に行きたくない人」に私が全力で転職を勧める理由

ここからはかつての私のように苦しんでいる方へのメッセージです。

あなたは「会社に行きたくない」と思いながら嫌々出社していませんか?

かつての私もそうでした

仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なく、それでも我慢して出勤していました。

ですが、会社にいる時間が人生で最も長い時間です。

その時間が充実していないなら人生そのものが惨めになるということです。

もしあなたが

・自分のやりたい仕事ができない

・自分の好き・得意を武器にした専門性を伸ばせない

・いつまでも会社が守ってくれるとは限らない

こう感じているなら、ぜひ自分のやりたい仕事や、専門性を活かした仕事への転職を検討してください。

自分の専門性を伸ばせれば、会社に万一のことがあってもつぶしが効きます。

私は思い切って転職してから人生が変わりました。

インフラ大手企業幹部候補→国家公務員総合職試験合格→零細町工場

という異色の経歴を歩んできた私ですが、あのとき転職の決断ができて本当に良かったと思っています。

自分のやりたい仕事、専門性がわからない・・・」

それは当たり前のこと。これらは転職活動をしてみて初めて分かることだからです。

転職エージェントと話をして第三者の目線から質問を受けて回答を考えたり、

履歴書・面接準備をしたり、人事と話をしたり・・・

そういうプロセスを経ることで自分の強みや弱みが分かってきます。

私の経験上、誰もが必ず自分の専門性の種を持っています

会社がそれに気づかず、伸ばそうとしていないだけです。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです。

良い求人がなければ転職しなければいいだけですから。

私がおすすめする製造業専門の転職エージェント(メイテックネクスト)は今すぐ転職しなくても電話でのキャリア相談だけでもOKというところです。

「〇〇という専門性を磨きたい」「このキャリアプランについてアドバイスがほしい」

こういった聞き方をするだけで力になってくれます。

エージェントに直接聞いたのですが、このコロナ禍で転職活動をする人が少なく、優良求人が余って逆にチャンスになっています。

一つ注意点として、私は大手からいきなり零細町工場に転職しましたが、大手から零細企業に転職するのは非常に簡単な一方逆は難しいという現実がある以上、まずは大手企業に転職することをお勧めします。(参考記事:零細企業はやばい”は本当?

とはいっても、中途で大手に正規雇用で就職するのは難しいというイメージはありますよね。

実は製造業に限っては意外と簡単に大手企業に就職することができてしまいます

私も転職時に活用したメイテックネクストでは、ものづくり系職種に絞られる分好条件の大手の非公開求人が多いため、この転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

サイト自体の知名度がそれほど高くなく、電話面談が必須ということから良い条件の求人の倍率が低いのが特徴で、穴場の転職支援サイトです。

私がそうであったように、あなたの得意も必ずあります

あとは行動を起こす勇気だけ。この文章をきっかけに、少しでもあなたの人生が良い方向に進めば嬉しいです。

NC・汎用旋盤技術
旋盤工のTAKのブログ

コメント