汎用旋盤で平行ローレットをかける方法とコツを詳しく解説!

平行ローレットは、切削ローレットが斜めになりやすく難しいので、基本的に転造ローレットを使っていくことになります。

なので今回は下の画像のような刃物を使う転造ローレットのかけ方を解説します

わたしの勤務先でよく使う#24のローレット駒を使う前提で解説していきます。

平目ローレット

キカイネットおすすめ求人特集(大阪府)

転造ローレットはNC旋盤はなるべく使わないほうが良い

転造ローレットは、刃物を金属面に押し付けて形状を写す加工方法で、機械にかなり負荷がかかります

NC機でも可能ですが、負荷がかかりすぎてタレットがずれたり機械精度が悪くなったりする可能性がないとはいえません。

なので私は、転造ローレットでの加工はなるべく汎用旋盤で行うようにしています。

ですが例外的に、アルミのような柔らかい材質だと転造でもそう負荷はかかりませんので、NC旋盤でかけても大丈夫です。

本記事では汎用旋盤で段取りする方法を解説しています。

基本的なところはNC旋盤を使う場合も同じですので、参考にしてみてください。

段取りの準備

汎用旋盤で、平目ローレットをかけるために必要な段取りについて解説します。

ローレットをかける面は−0.2mmにしておく

転造ローレットをかけると、#24の駒で大体ステンで直径0.2mm,鋼で0.3mmほど膨らみます。

なので、ローレットをかける面はあらかじめ-0.2mmにしておき、膨らんだときにちょうどよくなるようにしておきましょう。

刃物の取り付け

記事の初めに貼ったような刃物を使ってローレットをかけていきますので、通常のバイトと同様に芯高をあわせて刃物を取り付けます。

芯高は大体でよい

ローレットの芯高は、通常の刃物のように完璧に芯高が合っている必要はありません。芯高は+ー1mmくらいであれば十分です。

ローレットの刃物には刃先の概念がないため、多少ずれていてもきちんと転造できます。

かなり強めにバイトを固定する

汎用旋盤ですので、刃物は上からボルトで固定することになります。

その際に、かなり強めにボルトを締めて固定するようにしましょう。

以前私は締めが緩かったため、なんとローレットのバイトが動いてしまったことがあります。

転造の機械負荷は相当なものです。

バイトはほんの少しだけ右に傾ける

後述しますが、ローレットをうまくかけるためには初めの刃物の入り込みが大切です。

うまく入り込みやすくするため、わずかに刃物は右側に傾けておきましょう
傾けるのは0.5°〜1°くらいです。

当然ですが逆方向に送る場合は左側に傾けます。

ですが例外もありますので、それについては後述します。

刃物台のハンドルはハンマーで叩いてしっかりと固定する

刃物台のハンドルがありますね。

刃物台がくるくる周るのをロックするハンドルです。

これもハンマーで叩いてしっかり締めておきましょう。強い負荷がかかるため、通常通りの力で締めるだけだと刃物台が動いてしまう危険があります。

ローレット駒が傷んでいないか確認する

ローレット駒は新品では鋭利なギザギザが立っていますが、何度も使用しているとギザギザがつぶれ、丸みをおびてきます。

潰れた刃先では切り込みがうまくいかず、後述するトラブルが起きる原因になるので、刃物がへたっていないか取り付け前に確認します

芯が狂っても良い芯押しセンタを使う

心押台を使ってローレットをかける場合の話です。

芯押しセンタが複数ある場合は、必ず精度の悪いものを使うようにしましょう。

転造ローレットには強い負荷がかかるため、芯押しセンタが傷んでしまう場合があり、芯が狂ってしまうことも十分に考えられます。

私も職場では狂っても良い精度が出ていないものをローレット用として使っています。

ローレット面を掴む場合、生爪が傷まないように注意する

ローレットをかける場合、製品の左右から2箇所かけるというようなこともあります。

そのような場合、2工程目のローレットをかけるときにローレットがかかった部分をチャックで掴むことがあると思います。

ローレット面を生爪で掴んでしまうと、生爪にローレット目が転写されてしまい生爪が傷んでしまいます

硬爪を使うのも一つの方法ですが、こんどはワークを痛めてしまうため、ローレットを掴む用の生爪を一つ用意しておくのが無難です。

私もローレット面をつかむ専用の、傷んでも良い生爪を一つ用意して使っています。

負荷がかかっても動かないように掴む

ローレットをかける際は、X軸方向の負荷だけでなく、Z方向の負荷も大きくかかります

止まりの爪を使う場合はそこまでの心配はありませんが、通しの爪を使う場合はなるべく深くつかみ、爪をしっかり締めてワークが動かないようにしましょう

数が多い場合や、長くローレットをかける場合は送りのストッパーをセットする

後述する切削条件の通り、転造ローレットは条件をあまり上げられないため加工に時間がかかります

なので数がある場合や、長くローレットをかける場合は、ローレットをかけながら他のことができるように送りのストッパーをセットしておくと良いです。

切削条件

#24のローレット駒で、大体ピッチは1mmくらいだと思います。

この駒を使う場合、私が使っている切削条件は以下のとおりです。ワーク径はφ35を想定しており、径が大きくなれば回転数を下げるようにしましょう。径が小さくなれば回転数を上げても大丈夫ですが、必ずしも上げる必要はありません。

鉄:回転数150回転前後、送り0.15mm/rev 、切り込み量 径で0.4~0.55mm

ステンレス(sus304):100回転前後、送り0.15mm/rev、切り込み量 径で0.5~0.6mm

↓こちらの山田マシンツールさんのサイトに切削条件が載っていましたので、こちらを参考にしても大丈夫です。

ローレット(ナーリング) | 機械工具 | 山田マシンツール株式会社
ローレット(ナーリング)のご紹介。滑り止め、抜け止め、回り止めとしてご利用いただけます。

切り込み方

切り込みの作業はこんなに大切

ローレットをかける作業において一番大切なのが切り込みです。

切り込みを失敗するとどうなるかというと・・・

  • ローレット目が2重になり、かなり薄くしか目が立たない
  • ローレット目が斜めに立つ
  • 負荷をかけすぎて機械を傷める

このようなトラブルの原因になります。

切り込む手順(鉄やアルミの場合)

まずは駒の三分の一ほどからはじめる

切り込みの手順を解説します。

  1. 鉄やアルミであれば、まずはワークを回転させ、画像のようにローレット駒が三分の一ほどかかるように材料にあてます。
  2. あたったところから、径で0.5mm切り込みます。この段階で、回転を止めて目が立っているかチェックしましょう。切り込んだまま回転を止めても大丈夫です。
  3. 目が立っていることを確認できたら、そのまま送りをかけていきます。

はじめはローレット駒を駒幅の三分の一ほどあてるのが肝心なところです。

これを広く当てすぎると切り込めずに目が2重になって目が立たない現象がおきますし、狭すぎると今度はローレット目が斜めになってしまいます。

目が立たないときはいくら追加で切り込んでも心押台や機械に逃げが生まれるだけで全く歯は立ちませんので、もう少し当てる幅を少なくして切り込み直しましょう。

ステンレス(SUS304)の場合

ステンレスの場合は、上で説明したように三分の一切り込んでもローレット目が立たない可能性があります

そんなときは四分の一ほどだけあてて切り込むようにすればまだ刃が入っていきます。

このとき、刃が立つ範囲でできるだけ駒を広めにあててやると、ローレット目が斜めに入りにくくなって良いです。

必ず回転を止めて、刃が立っていることを確認してから送りをかけるようにしましょう。

もし目が立っていなかった場合は、深めに切り込むことで目が立つようになります

送るときに気をつけること

必ずクーラントをかける

ローレットをかけている最中は大きな熱が発生します。

必ず刃物をクーラントで冷やしながら加工を行いましょう

たまに回転を止めて目をチェックする

送りをかけながら回転を止めることで、ローレットがきちんとかかっているかチェックすることができます

送りをかけたまま回転を止めるため、再開するときはそのまま回転させてやれば大丈夫です。

ローレットのかかり具合が気になったときはこうして確認してみてください。

Z軸方向の寸法の合わせ方

ローレット範囲の寸法には公差がはいっていることはほぼありません。

そのため目測でワーク端面とローレット駒の端を合わせ、そこを0セットするやり方でZ軸方向の寸法は合わせればOKです。

真ん中からローレットをかけはじめる場合

ローレットの入れ込み
初めにバイトを大きく傾けて、跡をつける

上画像のように、端点以外からローレットをかける場合は、特にステンだと難易度が大きく上がります。

なかなか刃が立たず、切り込むことができないからです。

このような場合で切り込めなくて困ったときは、例外的に刃物を大きめに傾けましょう具体的には2°くらい傾けてやります(通常は0.5°〜1°)

画像はわかりやすいようにかなり大きく傾けていますが2°くらいで十分です。

そして、この状態で、ローレットをかけはじめる始点にローレットの痕だけをつけてやります。送りはかけません。

このローレットの痕をつけるやり方が一番のポイントです。

普通に刃物をあててしまうと、目が二重になってしまいうまく切り込めないことが多々あります。

それを防ぐために、刃物をワークに当てた後、手でチャックを回し、1回転の範囲内で0.4mm(径)ほど手でチャックを回しながら切り込みを入れるようにします

こうすることで、チャックの2周目以降の回転は1周目の切り込みに馴染みやすくなりますし、目が2重になっていないか確かめながら切り込みを入れることができます。

コツはなるべく速めに深く切り込むことです。

こうして始点の痕をつけることができたら今度は刃物をまっすぐに直し、先程の痕に馴染むように切り込みを入れて送りをかけてやればOKです。

ミスしたときの直し方

目がガタガタで汚くになった・・・、目が斜めに入った・・・、こんなときでも大丈夫です。

ローレット目は、大体膨らんだぶんの深さだけ入っています。

なのでその分を外形バイトで削ってやれば、ローレットをかけなおすことが可能です。

ちなみに失敗したローレットの上からさらに深くローレットをかけて修正するというのは不可能です。

直りませんので、諦めて削ってはじめからかけなおしましょう。

ローレットを削らないとやり直せない都合上、修正できるのは1回までです

2回目を削ってしまうと大抵寸法をマイナスしすぎるため普通公差を外してしまいます。

逆に言えばローレットは一回はミスできる加工ということなので、それを念頭に入れて加工していくと良いと思います。

材質によっては難しいが、できると加工の幅が広がる

平行ローレットは、特にSUS304ではなかなかはじめはうまくいかないこともあるかと思います。

ですが、この加工ができれば技術者としての強みになりますので、挑戦してみてください!

なぜ大手企業を辞めて総勢7人の町工場に転職したのか?

当サイト管理人は、誰もが知るインフラ系大手企業の幹部候補職を辞め、総勢7人の零細町工場に転職しました。

なぜそんな転職を決めたのか、私の人生で一番大きい決断をこちらの記事にまとめました。



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

5軸で"儲ける"技術情報が満載の「5軸活用ガイドブック」が今なら無料でもらえる!?


「5軸って儲かるの?」
機械加工技術者の多くが思っていることかと思います。
結論から言うと、儲けられる知識を持っていれば儲かりますが、それがなければ儲かりません
その儲けられる知識は機械メーカーも教えてくれませんし、3軸マシニングセンタの経験だけでまかなえるものでもありません。
そこで管理人がおすすめしているのが松浦機械の関東営業所長、五十嵐さんがtwitterで無料配布している5軸活用ガイドブックです。
「5軸で儲ける」ということにフォーカスしたガイドブックで、5軸ならではの高度な仕事がなくても活用できるようなバイス、治具、クランプ方法などの技術情報が惜しみなく掲載されています
5軸を持っている方・導入を考えている方だけでなく、5軸の導入予定がない工場(こうば)の方も一度読んでみてください。「他社が5軸を使って効率化することに対抗しなければ近い将来仕事を持っていかれるかも・・・・」という危機感を感じる内容なので、読むだけで仕事のしかたも変わってくると思います。
まずはtwitterに登録し、五十嵐さんのtwitterアカウントをフォローしてみてください!
5軸をはじめとして、金属切削加工の未来を知ることができる情報が発信されていますので、加工関係者全員におすすめできるアカウントです。
5軸ガイドブックがほしいという方は下記twitterアカウントから「5軸活用ガイドブックが欲しい」とダイレクトメッセージを送っていただくか、当サイトの問い合わせフォームからご連絡ください。
今後有料化する可能性もある内容になっていますので、今のうちに取り寄せておくことをおすすめします!
Twitterバナー

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術
キカイネット

コメント