汎用旋盤でねじを切るコツを伝授!切り込み量、びびり対策は?

前回はねじ切りダイヤルを使ってねじを切る方法を解説しました。

今回は、実際にねじを切る際のコツを公開します!

ねじ切りの流れ

今更ですが、ねじ切りの手順は上記の画像のとおりです。

目印は、画像ではパスを使っていますが、通常通り旋盤の目盛りで構いません。

切り込み量はどのくらい?

ねじの切込み量
ねじ切り込み量についての職業訓練の資料

ねじの切り込み量には、上記のように計算で求める方法があります。

実際、職業訓練では上記の方法で切り込み量を計算して切り込み表を作り、それに沿ってねじを切りました。

しかし、現場で汎用旋盤を使う場合、そうした計算をしなくてもねじを切ることができるため、大体でやってしまいましょう。

その大体を、これから説明します。

びびるまでは切り込み0.2、びびり始めたもしくは仕上げの段階に入ったら、切込み0.1でねじを切ります。

仕上げの際は、ナットをあわせながら慎重に切り込んでいきましょう。

びびり、チップ欠損対策には、千鳥切り込みがおすすめ!

切り込み方

あなたはねじを(1)のように切り込んでいませんか?

それだと、長いワークや大きいピッチ、難削材のねじを切る場合に、びびりやチップの欠損に悩まされることかと思います。

切り込み回数は多くなってしまいますが、そのような場合上図の千鳥切り込み(2)がおすすめです。

やり方は簡単で、ねじを切る際に小さい方の縦送りハンドルを左右に振ってやるだけ。振り量は、切り込み量にもよりますが大体0.1で大丈夫です。

切り込んだときに、片方からだけ切り粉がでる程度に振ってやります。このときネジの谷の底が平らになっているようであれば振りすぎなので気をつけましょう。

注意点はハンドルのバックラッシュに気をつけること、それから振りすぎて、ネジの山が二重になったりネジ山の高さが低くならないようにすることです。

これだけで、びびりやチップの欠損がかなり軽減されることと思います。

さらにびびりを少なくする裏技も

千鳥切削でもまだびびる場合、芯高をあえて高くしてみましょう。

私の師匠が教えてくれた技なので理屈はわかりませんが、びびりが少なくなります。

どのくらい芯高にするかですが、ワークの径によるので一概には言えませんが、0.5〜1mmほど高くしてしまっても大丈夫です。

逃がしのないネジで、バイトを上手く止める裏技

逃がしのあるねじは比較的簡単に切れますね。

しかし、逃がしがないねじを切る場合、本当に熟練が必要で大変難しいです。

ねじが行き過ぎると刃物が欠損してしまいますし、足りなければねじの寸法が短くなってしまいます。

こんな場合、バイトの送りをを止めるのが簡単になる方法をお教えします。

それは、ねじの最終地点にねじ切りバイトであらかじめ溝を掘っておくことです。

この溝があれば、わずかですが逃がしの代わりになるためバイト引くのが簡単になります。

見た目には、ねじと同化するので溝が掘ってあることはよく見なければわかりませんので、おすすめできる方法です。

ねじ切りの切削速度

ねじ切りの切削速度

ねじ切りのハイスを使った推奨切削速度は上図の通りです。

しかし、この条件で鉄を削ると、ねじ切りに慣れていない場合難しいことがあります。

ハイスでなく超硬のバイトを使った場合、推奨切削速度はさらに上がるため、よりタイミングが難しいです。

切削速度が低すぎるとたしかにむしれが発生してしまいますが、それで上手く止められず、製品をオシャカにしてしまうのが一番まずいです。

最初は100回転ほどで正確にねじを切ることを目指し、徐々に回転数を上げていきましょう。



町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー

こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術
キカイネット

コメント