【汎用旋盤】固定ブリョを使って大きい長物の端面を加工しよう!

「ブリョ」ってこんな治具!

ブリョ

ブリョとは振れ止めとも呼ばれ、旋盤に設置する治具の一つで、こういうものです。

画像は、他の旋盤やさんのものをお借りしました。

ブリョには固定ブリョと移動ブリョの2種類があり、移動ブリョについてはこちらの記事で解説しています

【汎用旋盤】移動ブリョを使って長物加工を行う方法を解説!

固定ブリョと移動ブリョ

(画像 mini-senban.comさんより引用)

左が固定ブリョ、右が移動ブリョです。

旋盤は知っているけどブリョは知らないという方のために、ブリョの目的を説明します。

チャックの穴を通せない大きい棒の端面を加工するための治具

通常、センタを押さなければならないような長いワークの場合、

旋盤のチャックの穴を通して、通しでつかんで端面を引きますね。

しかし、旋盤のチャックの穴よりも大きいワークだと困りますよね。

長くて大きい棒材を、その端だけつかんでブン回すなんて、とてもできません。

その場合に、画像のようなブリョで受けて端面を加工します。

固定ブリョ

(↑画像eco-stream .boyさんより引用)

このようなイメージです。

固定ブリョの使い方

固定ブリョ

(↑画像 オークフリーさんより引用)

私の勤務先にあるのは画像のような開閉できるタイプですので、このタイプとして説明していきます。

ブリョを摺動面に設置する

固定ブリョは、摺動面に置いて使います。

まず、ワークを掴む前に固定ブリョを設置します。

このときに端面を削りたいので、刃物台の左側に固定ブリョを置くようにしましょう。

そして固定ボルトを締めて摺動面に固定します。

この固定ボルト、締め忘れやすいので注意してください。ブリョは比較的重いので動かないと思いがちですが、固定ボルトを締めていないとワークの回転に乗って動いてしまいます。

ワークをつかんで芯出し

そして固定ブリョを開いておき、ワークをチャックに掴んで芯出しを行います。

芯出しが完了したら、ブリョを閉め(このときブリョの開閉のねじはまだ締めません)、下側2つの丸棒を動かし、ワークに軽く当ててやります。

その後、上側の丸棒をワークに当て、ブリョが1mm開くくらいさらに丸棒を出してやります。

その後、ブリョの開閉ネジをかる~く締めて準備完了です。このとき開閉ネジを締めすぎると真鍮棒の圧がかかりすぎてしまい、負荷がかかる原因になります。

なお、勤務先では真鍮棒ではなくベアリングに改造されています。ベアリングにすることで、固定ブリョとワークの間の摩擦が少なくなり、チャックからワークが動いてしまうのを防ぐことができます。

ベアリングの場合でもそうですが、少しでも摩擦を少なくするために、ワークとブリョの間に油をさしてやりましょう。

芯振れは要チェック!

その後、ブリョで支えている部分の芯がでているかもう一度確認しましょう。

ブリョの芯振れは本当に危険で、芯振れが起きている分徐々にワークが爪から動いていき、最終的にはワークがはずれてしまいます。

ブリョを使うワークは大きい場合が多いので、外れてしまうと大事になります。

回転数を上げてもワークが外れる原因になりますので、理由がない限りは回転数は低めに設定しましょう。

加工の手順はこちら

ワークの外径と端面を削る加工の場合、以下のような手順となります。

①まず、芯だしを行い、センタ穴をあけます。

②浅くくわえ直して芯押しします。

③外径を加工します。

④ブリョで受け、端面を加工します。

⑤反対向きにし、端面を加工します。

以上! やってみれば簡単です。

ただ、これだけ大きいものを回すのは非常に怖いです。

外径加工時は、センタが外れないように、細心の注意をはらいましょう。

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネット

 

出社するのが辛いあなたへ。会社を辞めて黙々と工作をする生き方のすすめ


会社に行きたくない。でも生きていくにはお金が必要。だから会社を辞められない


「副業してお金を稼げるようになって脱サラしてやる」と副業に挑戦してみるも、逆にそれが自分には難しいということを痛感させられて終わる。


そして苦しみながら明日も明後日も出社する・・・・



これ、全部大企業の幹部候補として働いていた頃の私のことです。



この苦しみの連鎖をなんとか断ち切りたいと私が取った行動は

総人数6人の零細企業に転職して旋盤工になるという選択でした。



結果、現在本当に幸せな人生を送っています。



人数の内訳は経営者一族が4人、私を含めた社員が2人です。


転職してから約5年経ちますが、社長一族は社員を家族のように扱ってくれるので、出社するのは家に帰るような感覚です。


仕事内容は、1日中NC旋盤と汎用旋盤で金属部品を作るだけ。


これがまた楽しい。工作をしているような感覚で、技術も身につきやりがいも感じます。


職人仕事なので、会社の中で人と話す機会も多くないです。


年収は現在29歳で、残業なしで420万ほど。残業の多い年は500万を超えます。年5000〜1万円くらいしかお給料は上がりませんので多いとは言えませんが、生活していくには十分です。


普通の会社だと異動になって人間関係が悪くなると逃げられませんが、手に職ついた私であれば、万が一環境が変わって人間関係が悪くなったり、倒産してしまっても同業他社に就職することができます。



どうですか?



幸せな人生って、あなたに一歩踏み出す勇気さえあれば意外と簡単に手に入るんです。 


機械加工の職人仕事は今人手不足なので、30代はもちろん例え40代未経験でも十分間に合います。


私が勤めているような零細企業は全国にたくさんあります。 


私が転職に使ったサイトの中で、一番良いと思ったメイテックネクストというものづくりエンジニア専門の転職サイトのリンクを張っておきますので、まずはあなたの地域にいい会社があるかどうか電話面談で聞いてみてくださいメイテックネクスト


今メイテックネクストを見るという小さな行動が、1年後のあなたを大きく変えるかもしれません。


かつての私のように苦しんでいるあなたの人生を変えるきっかけになれば嬉しいです。


追記

ものづくり系以外に興味があるなら、今なら最王手リクルートの就職shopが一番おすすめです。 こちらも電話面談で求人を紹介してもらえます。就職Shop

電話面談がおすすめですが、それはハードルが高いと言う方はリクナビNEXTに載っている求人を見るだけでもいいです。まずは行動を起こしてみてくださいね。

求人のお知らせ

日本ツクリダス㈱より求人のお知らせです。

日本ツクリダスは金属加工業の町工場ですが、加工だけでなく製造業向けソフトウェアの開発販売やWEB制作サービスも提供している会社です。

職種は製造職(NCフライスもしくはNC旋盤)と営業職、ブログライターの3種類。場所は大阪府堺市です。

普段から社長のtwitterを拝見しているのですが、本当に楽しく仕事ができそうな環境です。

詳しくはこちらのリンクからどうぞ!

NC・汎用旋盤技術
旋盤工のTAKのブログ

コメント

  1. のとのと より:

    振れ止めとは違うんですか?
    解説していただけたら嬉しいです。

    • 旋盤工のTAKtakoten8 より:

      コメントありがとうございます。
      ブリョは要するに振れ止めのことです。NC旋盤では高価なオプションになるので、このような加工が手軽にできるのは汎用旋盤のメリットですね。