50万円で買える5軸加工機”SwissMak”

加工技術者求む

まずはこの動画を見てください!

なんとたったの50万($4,699) で買える5軸加工機があるんです

それが動画の”SwissMak”。

ATCのない簡易的なものでありながらきちんと5軸加工ができていますね。

本記事ではこの機械について紹介していきます!

(キックスターターhttps://www.kickstarter.comのSwissMakプロジェクトの情報を引用して書いています。)

格安の5軸加工機を作る”SwissMak”プロジェクトとは?

Kickstarterで進められているSwissMakプロジェクトについて説明していきます。

Kickstarterはアメリカのクラウドファンディングサービス

SwissMakは、一般的に販売されている商品というわけではありません

では何なのかというと、Kickstarterというアメリカのクラウドファンディングのサイトを介して資金を集め、50万円の5軸加工機を作ろうという新しいプロジェクトです!

クラウドファンディングのプロジェクトとはいっても、それがうまくいけば50万円出資した人はきちんとSwissMakをもらうことができます

お客様気分で出資できるようなものではない

ですが、お客様気分で出資できるようなものでもありません。

下記はKickstarterで50件近いプロジェクトに出資してきた方のブログの引用です。

Technology」「Games」のカテゴリは完成までかかる時間が非常に長く、時間がかかる分だけ失敗率も高めで、死屍累々状態。予定通りに進むことはほとんどない予定通りに進んだだけで大歓声状態、予定より前倒しになったら奇跡。今まで50個近く出資しましたが前倒しは一つもなし、予定通り進んだのは3つほどです。

https://gigazine.net

SwissMakもTechnologyのカテゴリですので予定より遅れる可能性が高い上、プロジェクトが失敗して出資額を全額失っても基本的に文句は言えません

リスクをとった人だけが50万円の5軸加工機を手に入れるチャンスを得るということですね。

SwissMakってどんな機械?

SwissMakのスペック等について解説します。

Kickstarterは全部英語でしたが頑張って要点だけ抜き出しました!(汗汗

ツールタレット

ツールタレットは8つ工具をつけられるようになっています

画像のように素早く回転します。

主軸(フライス)

ATCがないのが残念ですが、ツール交換は画像のように数秒で簡単に行なえます。

最高回転数は6000rpm。思ったよりしっかり回ってくれますね。

剛性

具体的な数値については記述がありませんが、金属を削ることができる設計になっているとは書いてあります。

鋼材となると負荷の少ない加工しかできなさそうですが、樹脂、アルミでしたら問題なく加工できそうです

主軸(旋盤)

主軸台には、シャフト加工用に作業用に2インチ(50mm)の穴があいており

4インチ(100mm)、5 インチ(125mm)、および6インチ(160mm)のチャックを取り付けられる設計になっています。

この大きさで6インチのチャックが載るのであればかなり加工の幅は広がるのではないでしょうか。

最高回転数は2000rpm。これだけ回ってくれれば十分ですね。

心押台

心押台はシャフト等長いものを加工する場合に芯押しをするだけでなく、ドリルを取り付けて加工したり、なんと心押台を外して代わりにバイスを載せ、ミーリングヘッドでフライス加工を行うこともできるそうです。

精度

加工精度については詳しい記載はありませんでした

バックラッシュはごくわずか、そしてMotion is smooth within 0.001との記載はありますが、精度が0.001in以内なのは主軸の振れのことなのか、各軸の動きの精度なのか、繰り返し精度なのかは定かではありません。

どちらにせよ精度0.025mmであればh7公差も満足に加工できませんし、厳しい精度が求められる加工にはあまり期待しないほうが良いかもしれませんね。

ストローク・パワー等

ストローク等の表です。

Live Toolsの6000rpmとなっているところは、タレットの真ん中の回転軸のことを指しているのでしょうか。

CAD・CAMは別途必要

50万円というのは本体価格のみの話ですので、CAMソフトは別途用意する必要があるので注意が必要です。

どうすれば買えるの?

出資受付は2018年5月に終了済

残念ながら、SwissMakプロジェクトの出資受付はすでに終了しており、今現在はこの機械を手に入れる方法はありません

クラウドファンディングで集まった額は$187,974で、目標額をゆうに上回っています。

プロジェクトは未だ進行中

このSwissMakプロジェクト、実は2018年10月には出資者のもとに製品を届けられる予定になっていました。

ですが、なんと2020年10月現在もまだSwissMakプロジェクトは完成していません

先述のようにKickstarterのテクノロジー分野は遅れが出るのが当然で、まだプロジェクトを進行中なんです。

興味のある方はKickstarterのHPにいって、SwissMakプロジェクトの詳細ページを見てみてください。

現在も開発陣が奮闘していることを出資者に伝えるメッセージが定期的に配信されています。

このプロジェクトが成功したら、このSwissMakが一般に50万円で買える日が来るかもしれませんね。

キカイネットより、期間限定で技術者急募のお知らせ!!

ものづくり業界の技術者様、どうか力を貸してください。

私は、日本の製造業が強くなるためには技術者の賃金相場が上がることが必須と考えています。
そのため、当サイトでは高賃金の製造業転職に特化したメイテックネクストさんとタッグを組み、一定数集まるまでの期間限定で技術者を募集しています! こちらは求人の例です↓↓

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
世界と戦う人材を集め、育てるため、年収相場400万台は安すぎます。ご協力いただける方、こちらのページからご登録、電話面談をお願いします!

メイテックネクスト
町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術マシニングセンタ技術雑記

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント