マシニングセンタプログラムの覚え方は?現役マシニングオペレータが解説!!

マシニングセンタのプログラム作成。マシニングでの加工の仕事を覚えるにあたって初めに訪れるハードルの一つです。

私も初めたばかりの頃、十分なスピードで打てるようになるまでには苦労がありました。

その経験を活かし、本記事ではマシニングセンタプログラムの覚え方を現役マシニングセンタオペレータである私が解説しました!

※本記事はOSP(オークマ)でのプログラミングを例に解説していますが、全メーカーの制御装置にあてはまる内容になっていますので、オークマ意外の方も安心してご覧ください!

加工技術者求む

マシニングのプログラムの覚え方は3段階だけ!

マシニングセンタプログラムの覚え方は、3段階をクリアしていけばよいだけです!(口で言うのは簡単ですが、すべて終えるまでには最短でも半年ほどの時間がかかります。)

  1. プログラムテンプレート(基本的なプログラム例)の内容と意味を理解する
  2. プログラムテンプレートをスラスラ打ち込めるようにする
  3. 実践練習あるのみ!

ひとつずつ解説してきます!

第一段階―プログラムテンプレートの内容と意味を理解する

まずは、お手本となるプログラムテンプレート(基本的なプログラム例)を覚えるところからです。

初めはプログラムのどのコードがどういう意味なのか分からないと思いますので、まずはそれを理解しましょう

例えばG15H2は、「原点番号2番に登録した原点設定を呼びだす」という意味です。(G15で原点呼び出し、H2で原点番号指定)

こういったプログラムの意味を、下のテンプレート全てのコードで1行ずつ理解していきます

プログラムテンプレート(OSP) ※コードの意味は下記記事をご参照ください!


G15H2
T4M6
G90G0X70Y-30T7
G56H4Z100
S1000M3
M8

G0Z2
G1Z-0.1F1
G42G1X60D4F2
G2X70Y-20R10
G1X95Y-10
Y10
G40G1X105
G0Z100M9
M
5

M2

プログラムのテンプレートと、その意味についてはこちらの記事をご利用ください!

こちらのプログラムについて、一行ずつ意味を解説しています!

第二段階―プログラムテンプレートをスラスラ打ち込めるようにする

プログラムテンプレートの意味を理解できたら、次は図面だけを見てプログラムテンプレートを打ち込めるように練習しましょう

この練習は、紙とペンさえあれば可能です。

図面だけを見て、プログラムテンプレートを何度も書いてみましょう

繰り返し書くうちに、ミスも減り、書き終わるまでの時間もどんどん短くなっていきます。

そして最終的には、図面さえ見なくても一切手を止めることなく最速で書くことができるようになります。

そこまでできればOKです!

成長を実感してモチベーションをあげるために、ストップウォッチで時間を測りながら練習すると良いです。

第三段階―ひたすら仕事をこなして練習!

仕事で使うプログラミングを速くするためには、仕事で使うのが一番です。

とにかく仕事量をこなし、実践でプログラムをつくりながら覚えていきましょう。

テンプレートで覚えたもの意外のコードも使うことになるでしょうが、基本的にテンプレートを変形させたものです。意味さえわかればすぐに使えるようになり、実践で身についていきます。

初めは手が遅いのは仕方ありませんが、半年ほど経てばかなり速くなっているはずです。

プログラミングを早く覚えるためのポイント!

できるようになるまでマシニングセンタを集中して練習する

私の場合はNC旋盤を先に習得し、NC旋盤の仕事をこなしながらマシニングセンタを触り始めました。

1週間触っては1ヶ月休む・・・といったやり方だったこともあり、やっては忘れての繰り返しになり、なかなかスピードが上がらなかった経験があります。

その後、新入社員が仲間入りしてくれたことにより集中してマシニングセンタを触れるようになってから一気に上達が速まりました。

速く覚えるためには、なるべくマシニングセンタに集中して取り組むことが近道です。

一日中ということが難しい場合は、1日に少なくとも2時間以上くらいは毎日マシニングセンタを触るようにすることをおすすめします。

紙とペンで練習する

プログラムの作成は、機械加工の仕事の中で数少ない「機械がなくても練習できる仕事」の一つです。

図面と紙とペンさえあれば、機械やパソコンの前でなくても練習することができます。

仕事が終わって家に帰ってから、例えば寝る前の15分だけでも練習するようにすると上達が速くなります。

私も実践しましたが、プライベートの時間で仕事の練習をするのはかなりの胆力が必要です。

継続するコツは「習慣化」してしまうこと。はじめのうちはキツいですが、毎日15分を1週間ほどつづけることができれば、その後はそれほど苦ではなくなります。

わからない点ははじめのうちに解決しておく

プログラムの練習は、はじめは決まったパターンを覚える作業になります。

この点でわからないことをそのままにしてしまい、間違った点があるまま覚えてしまうと、折角覚えたプログラムテンプレートがまた覚え直しになってしまいます。

そうなると非常に非効率ですので、はじめのうちにわからない点は先輩に聞くなどしてしっかり解決してからプログラムテンプレートを覚えていきましょう。

プログラムの極み「マクロ」の世界

マシニングセンタでは「マクロ」を活用することでより効率的なプログラミングができるようになります。

現在はメーカーによっては対話で多くを代用できますが、自由度はマクロのほうが上です。

単品もの加工の仕事をこなしながらそういった点まで習得しようと思うと半年どころか何年もかかってしまうと思いますが、とても面白い分野です。

プログラムも奥が深いですので、興味があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

マシニングセンタのプログラムは

  1. プログラムテンプレート(基本的なプログラム例)の内容と意味を理解する
  2. プログラムテンプレートをスラスラ打ち込めるようにする
  3. 実践練習あるのみ!

この3段階で習得するのが近道です。

はじめにしっかり理解した上で練習することで、上達が速くなります!

はじめのうちはなかなか手が速くならず苦労するかもしれませんが、一度体が覚えてしまえば自然と速く作れるようになります。

ぜひ本記事を参考にしていただき、練習に取り組んでみてください!

キカイネットより、期間限定で技術者急募のお知らせ!!

ものづくり業界の技術者様、どうか力を貸してください。

私は、日本の製造業が強くなるためには技術者の賃金相場が上がることが必須と考えています。
そのため、当サイトでは高賃金の製造業転職に特化したメイテックネクストさんとタッグを組み、一定数集まるまでの期間限定で技術者を募集しています! こちらは求人の例です↓↓

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
世界と戦う人材を集め、育てるため、年収相場400万台は安すぎます。ご協力いただける方、こちらのページからご登録、電話面談をお願いします!

メイテックネクスト
町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
マシニングセンタ技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント