汎用旋盤を長持ちさせるための、基本の日常メンテナンスを解説!

日々の仕事の中で発生する経費のうち、多くの割合を占めるものの一つが機械の設備費です。

機械費用の償却が終わってもその機械を使い続けられれば、その分は機械費用なしで利益をあげることができるため、機械を長持ちさせられることは機械加工職人として大切な能力の一つです。

今回は汎用旋盤を長く使うために行うべき日々のメンテナンスについて解説します。

加工技術者求む

摺動面の手入れ

摺動面は汎用旋盤の命で、最も大切な箇所です。摺動面が傷んで旋盤の精度が狂ってしまうとその狂いは永久に残り、実質的に直すことはできません。

なので摺動面が錆びたり摩耗したりすることの対策を行うことはメンテナンスの中でまず第一に行わなければいけない大切なことなんです。

それでは具体的なメンテナンス方法を書いていきます。

基本的には、拭いて潤滑油を塗る作業です。

摺動面は3箇所ありますね。

  • 刃物台の摺動面
  • 横送り台の摺動面
  • 縦送り台の摺動面

これらを上から順番に掃除し、油を塗っていきます。

刃物台を例にすると、まずは刃物台を一番後ろまで下げ、ウエスで摺動面をきれいに拭き掃除してやりましょう。

そしたら最後に機械油を摺動面に添付し、刃物台をもとに戻します。

このように、きれいに拭いて油を塗布する作業を全ての摺動面で行います。

この作業をすることで、切粉やゴミなど、摺動面を傷める原因になるものを取り除き、さらに油によって摩擦をなくすことができます。

送り台を動かしただけでは油が行き届かないところは素手で塗り拡げると満遍なく油を塗布することができます。

オイルニップルへの油の注入

油が必要なのは摺動面だけではありません。ハンドルの目盛りの可動部や、心押台などにオイルニップル(油のさし口)がついているかと思います。

旋盤によってついている箇所は異なるため、説明書を見て確認するようにしましょう。

週に1度くらい全箇所注油し、可動部が錆びついて動きが悪くならないようにします。

チャックのメンテナンス

チャックのグリス注入

スクロールチャックには、グリスを注入してやらないと、爪を締め付ける際などにチャックの寿命を縮めてしまいます。

爪が摺動する際に摩耗してしまい、ガタが発生して芯出なくなってしまうんですね。

ですが旋盤のグリスは回転やクーラントにより徐々に抜けていくものです。

クーラントがNC旋盤ほどはかからないため、週に1回ほどグリスを注油してやれば十分ですので、忘れずに行うようにしましょう。

チャックの清掃

三つ爪と四つ爪のチャックに共通することですが、旋盤を扱っていると切粉がチャックの摺動部に入り込んでしまい、チャックハンドルが若干硬くなってしまうことがあります。

そのまま無理にチャックハンドルを動かすと、前項での説明と同様にチャックの摺動部が傷んでしまい、芯が出なくなる原因になります

なのでチャックに切粉が入っていると感じたときは一度全ての爪を抜き、チャックハンドルを回しながらエアーでチャックの可動部を直接清掃してやりましょう。

定期的に清掃するとなお良いです。

清掃後はグリスが多少飛んでしまいますので、グリスを入れることを忘れないようにしましょう。

クーラントの継ぎ足し

汎用旋盤のクーラントは、NC旋盤を使っているようでしたらそれと同じもので構いません。

汎用旋盤のクーラントタンクは大変小さいので、機械が錆びないように濃い目にクーラントを入れておきましょう

また、旋盤のメーカーにもよるかとは思いますがクーラントタンクには切粉が結構入ってしまいます。さらにタッピングペーストや機械油も混入しますので、半年に一度くらいはクーラントを抜いて掃除した方が良いです。

クーラントタンクの掃除はそこそこ時間がかかるのでなかなか腰が重いですけどね(汗

油のチェック

旋盤の油には2種類あります。

それは①摺動面に自動注入されるエプロンの油と②ギヤオイル。

ギヤオイルの方は1年毎に交換してやればよいです。

ですがエプロンの方は、旋盤を使っているとどんどん減っていきます。摺動面だけでなく、エプロン内部や親ネジなどシャフト類にも注油される機構になっていますので、必ず一日の初めにオイル点検窓を見て、必要量オイルが入っているか確認し、減っているようであれば継ぎ足すようにしましょう。

本記事で説明したのは基本的なことのみ

基本的なことは本記事で書いたことを日常的に行っておけばOKです。

ですが旋盤をはじめ、工作機械を30年以上長く使っていこうと思うと思わぬところに不具合がでてくるものです。

意外と機械のメンテナンスは奥が深いので、あくまで本記事は基本的ところだけの解説ということをご理解ください。

キカイネットより、期間限定で技術者急募のお知らせ!!

ものづくり業界の技術者様、どうか力を貸してください。

私は、日本の製造業が強くなるためには技術者の賃金相場が上がることが必須と考えています。
そのため、当サイトでは高賃金の製造業転職に特化したメイテックネクストさんとタッグを組み、一定数集まるまでの期間限定で技術者を募集しています! こちらは求人の例です↓↓

・㈱ソディック 加工技術者 年収500〜750万円 要件 マシニングセンタ等を使用したNCプログラミングの経験
スタンレー電気㈱ CAMエンジニア 年収500〜750万円 要件 NC加工データ作成実務経験3年以上

大企業では、年間休日120日以上かつ年収700万以上も当たり前です。
世界と戦う人材を集め、育てるため、年収相場400万台は安すぎます。ご協力いただける方、こちらのページからご登録、電話面談をお願いします!

メイテックネクスト
町工場にこそ必要な管理ソフト「エムネットくらうど」

明日納期だからと製品を検品したら、「
やばい、焼入れ持っていくの忘れてた!!
結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。
急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。 現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。
こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。 このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます
それを町工場でも導入しやすい低価格で実現できるのがエムネットくらうどです。
日本ツクリダス(株)のソフトで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです
自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!
↓↓↓
エムネットバナー


こんな加工がNC旋盤でできる!!

キー溝、六角穴、トルクス、ギヤ…こんな加工が、動画のようにNC旋盤で簡単にできるってご存知でしたか?
これは「ブローチング」と呼ばれる加工方法で、使われているのはドイツ・HORN(ホーン)社の工具です。
HORN社は溝入れに特化した高剛性工具のメーカーとして海外で広く知られており、ブローチング工具以外にも多くの工具を揃えています。
溝入れに関しての困りごとなら何でも解決できると思えるほどのラインナップですので、気になる方はぜひカタログをご覧ください。
ノーリスクで工具を試してから購入できる「有償サンプル」というサービスも実施中です!
また、私が特におすすめする工具をこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください(^^

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
NC・汎用旋盤技術

インプラス社のエンドミル、この性能で安すぎる・・・。

こちらの動画、被削材はS50Cです。アルミじゃありません。もちろん倍速再生でもありません。
ものすごい性能のエンドミルですよね。
これだけの性能を持ったエンドミルですが、おそらくあなたがいつも使っているものより安いです。
使われているのはインプラス社の「FUZINE」。高コスパでキカイネットおすすめNo.1のエンドミルです。
高精度なのはもちろんのこと、根もとに近づくほど溝が浅くなる変則芯厚で剛性を高めた上、不等リード採用でびびりにくく、ドリルのように垂直の穴あけも可能な高性能エンドミルです。
コーティングも、動画で使われている"Ocean Blue"やSUS304も難なく削れる"HIBRID"をはじめとした3種類から選べます。
価格が気になった方はこちらのバナーからインプラス社のカタログをご覧ください!きっとその安さに驚くと思います

インプラスカタログ
キカイネット

コメント