会社が本当に辛かった私からの
転職のススメ
エムネットくらうど

【加工技術者用】面接のリアルな体験談。聞かれた内容と反省

今回面接に行った会社は加工技術者を募集しており、規模は500人くらいの会社でした。

今回面接には行くことになりましたが、私は今勤務している会社が好きなので、心のなかでは余程条件が良い場合以外は検討する気もないというスタンスです。今の自分の転職価値調査と、転職市場調査目的の転職活動です。

そしてまさかの履歴書を忘れ、最悪のスタートで始まった就職面接。

しかし気にしても仕方ないので、とにかく全力で受け答えしました^^;

部屋に入ると相手の人数は5人。30代くらいのおそらく事務担当の方一人と、技術系の偉そうな方4人でした。

こちらは椅子のみ、相手は5人横並びで対面しているようなかたちでした。

はじめに椅子の横につき、数秒待って何もなかったので「本日はお忙しいところお時間をいただきありがとうございます」と一言。

「おかけください」

と言われ、着席。先方の名前の自己紹介があり(もちろん名前は覚えられませんでした笑)面接スタートです。

自己紹介をお願いします

やはりきた自己紹介。

はじめの質問だったので緊張があり、どもりながらの受け答えになりましたが、準備した通りにははなすことができました。

この記事に書いた通りの自己紹介を話しました。

今回が2度めの転職になるかと思いますが、それぞれの転職理由を教えて下さい

1社目

一社目は大手企業から全く畑違いである今の零細企業のNC旋盤職人に転職したことです。

今までの記事にも書いていますが、1社目の採用面接でで実態とかけ離れた自分を演じてしまって入社した結果苦労したので、なるべく自分の弱点は伝えるようにしました。

具体的にはこんなふうに答えました。

  • 私は根っからの理系人間なので、技術を身に着けていける仕事をしたいと思っていた
  • しかし技術職採用で入社した先では事務仕事ばかりで技術の仕事はほぼなかった
  • 私の苦手なことも知った上で採用いただきたいのであえて話すが、対人調整や折衝が苦手
  • 前職はそのような業務ばかりだったので、技術を高められる方向で転職した

かなり正直に話しました。面接で辞めた理由をこれほどまでに素直に話す人も少ないのではないでしょうか(笑

2社目

次に今回転職を考えた理由について。これについては転職する気は殆どないとは言えませんのでこんなふうに答えました。

  • 今の会社はやりがいもあり、人間関係もよくとても良い会社
  • 一方小さい会社で給料が上がっていくか不安
  • 社長になにかあると会社が大きく傾くのでリスクが大きい
  • 妻の妊娠をきっかけに長期的な家計の安定について不安を覚えた
  • 御社であればその点安心して働ける

こちらも転職する気はあまりないとはいえ正直な気持ちです。

1回目の転職でなぜ今の会社を選んだのか

これに関しても当ブログで書いている通りのことを話しました。

  • 前職が大きい会社だったので、業務内容も会社規模も真逆のところに入社しようと思った
  • 小さい会社であれば異動がないので人間関係的にも安定している

といったことを正直に答えました。

しかし今考えると伝え忘れていたことがありました。そのことも書き留めておきます。

  • 数物屋だと業務が単調になるので技術が身につかない
  • 技術を身につけられる単品もの屋にフォーカスして仕事を探した。

これは意欲のアピールにもなったため伝えられなかったのは惜しかったポイントでした。

現職での人との関わりについての質問

やはり1社目をコミュニケーションが嫌で辞めたということが全体的にかなり気になっている様子で、現職での仕事の状況についての質問がありました。

現職ではお客さんとの打ち合わせなどはありますか?お客さんとのやりとりはどのようにしていますか?

お客さんとのやりとりはまったくないことを伝え、事務担当を通して図面の質問などは確認をとることを伝えました。

旋盤担当だと後工程があると思いますが、そういった別の工程の人との打ち合わせは行っていますか?

そういった打ち合わせは社長やマシニング担当の方とほぼ毎日日常的に問題なく行っていることを伝えました。

弊社では設計や組付け、後工程との打ち合わせが度々発生してくるが、コミュニケーションをうまくやるためやってきたことはありますか?

正直とくにやってきたことはなかったので、質問に答えずに回答してしまいました。

  • そもそも後工程との打ち合わせは苦手ではない
  • 現在も毎日問題なく行っている
  • お客さんとの折衝や交渉、などが苦手

これで納得してもらえたので良かったです。

事実人とほぼ話せないわけではないのでそう勘違いされることがなく、この質問があって良かったです。

通勤時間が約1時間と長いですが大丈夫ですか?

大丈夫ですと答えました。

ですがこれは面接中で唯一嘘をいったところだと思います。 全然大丈夫ではないです。

正直行ってみて分かったのですか体感的にもかなり遠く、往復2時間かかりそうでした。

現在は片道15分程度で着くため、この遠さは耐えられません。

この時点で入社する気はなくなっていました。

相手と組み合わせるような部品はありますか?

きっと組み合わせる部品を作る機会が多いのでしょう。

図面通りでも嵌合いがうまくいかない場合があるため、その点は臨機応変に対応しているか確認したかったのだと思います。

現職でも組み合わせる機会は多く、組み合わさるように確認しながら加工していることを伝えました。

担当は旋盤でなくなるが大丈夫ですか?

驚きましたが、部品製造ラインを自社で作っているのにほとんど丸ものを使わないそうです。

丸ものを設計に含めるともう少し楽に加工や組付けができるのではと少し思いましたが、設計の素人である私には実際どうなのかわかりません。

担当するのであればワイヤー、マシニング、放電とのことだったので、そのことは了承しました。

⚫名指導の経験があるんですね。その⚫人はまだご在籍?

職務経歴書に指導の経験があると書いていたので、そのことについて質問がありました。

これも正直に答えました。

年下に教わるのは大丈夫ですか?

自分もそういう年齢になったかーと思った質問でした。

大丈夫ですと答えました。

質問はありますか?

定番の逆質問です。

「仕事内容を伺ってもよろしいでしょうか?」

と疑問を素直に聞きました。どの機会を担当するかということをきちんと説明を受けていなかったので、この情報は必須です。

実際に見てもらうほうが早いからと、この質問の後で現場を見せてもらいました。

やはり現場を見ることは大事でとても働くイメージがわきました。

最後に適性検査をやって終了

SPIてきなやつです。学生時代の感覚を忘れていたので、成績はまあまあ悪いと思います^^;

これは本気で受けに行くのであればきちんと対策しておいたほうが良いです・・・。

合否結果が分かったらまた書きますね!

【宣伝】町工場の経営者さんへ

明日納期だからと製品を検品したら、「やばい、焼入れもってくの忘れてた!!

結局間に合わなくてお客さんに迷惑をかけた。

 

急ぎの図面、事務処理をしてから現場におろしたら「今更図面を渡されても困る。もっと早く渡してくださいよ!」と現場からの声。

 

現場の立場にいる私ですが、このどちらも経験があります。

こんなトラブルを解決する管理システムを紹介させてください。

このシステムなら、焼入れ研磨などの工程管理は一目瞭然ですし、図面はバーコードを貼るだけですぐに現場におろせます

それが町工場でも導入しやすい低価格で実現できます。

管理システムの名前はM:net(エムネット)くらうど。 日本ツクリダス(株)のソフトです。

当ブログは日本ツクリダスのパートナーブログで、社長ともやり取りをしましたが信頼できる会社さんです

自信を持っておすすめしますので、気になった方はこちらのバナーから金額などの詳細をご確認ください!

↓↓↓

エムネットくらうど

<日本ツクリダス㈱より→インターネットラジオが公開されました!>

聞いてみましたが和やかな雰囲気で親しみやすく、それでいて町工場の中身も知れる面白い内容です! 会員登録など不要で無料で聞けますので気になった方はぜひ聞いてみてください(^^

「会社に行きたくない人」に私が全力で転職を勧める理由

ここからはかつての私のように苦しんでいる方へのメッセージです。

あなたは「会社に行きたくない」と思いながら嫌々出社していませんか?

かつての私もそうでした

仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なく、それでも我慢して出勤していました。

ですが、会社にいる時間が人生で最も長い時間です。

その時間が充実していないなら人生そのものが惨めになるということです。

もしあなたが

・自分のやりたい仕事ができない

・自分の好き・得意を武器にした専門性を伸ばせない

・いつまでも会社が守ってくれるとは限らない

こう感じているなら、ぜひ自分のやりたい仕事や、専門性を活かした仕事への転職を検討してください。

自分の専門性を伸ばせれば、会社に万一のことがあってもつぶしが効きます。

私は思い切って転職してから人生が変わりました。

インフラ大手企業幹部候補→国家公務員総合職試験合格→零細町工場

という異色の経歴を歩んできた私ですが、あのとき転職の決断ができて本当に良かったと思っています。

自分のやりたい仕事、専門性がわからない・・・」

それは当たり前のこと。これらは転職活動をしてみて初めて分かることだからです。

転職エージェントと話をして第三者の目線から質問を受けて回答を考えたり、

履歴書・面接準備をしたり、人事と話をしたり・・・

そういうプロセスを経ることで自分の強みや弱みが分かってきます。

私の経験上、誰もが必ず自分の専門性の種を持っています

会社がそれに気づかず、伸ばそうとしていないだけです。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです。

良い求人がなければ転職しなければいいだけですから。

私がおすすめする製造業専門の転職エージェント(メイテックネクスト)は今すぐ転職しなくても電話でのキャリア相談だけでもOKというところです。

「〇〇という専門性を磨きたい」「このキャリアプランについてアドバイスがほしい」

こういった聞き方をするだけで力になってくれます。

エージェントに直接聞いたのですが、このコロナ禍で転職活動をする人が少なく、優良求人が余って逆にチャンスになっています。

一つ注意点として、私は大手からいきなり零細町工場に転職しましたが、大手から零細企業に転職するのは非常に簡単な一方逆は難しいという現実がある以上、まずは大手企業に転職することをお勧めします。(参考記事:零細企業はやばい”は本当?

とはいっても、中途で大手に正規雇用で就職するのは難しいというイメージはありますよね。

実は製造業に限っては意外と簡単に大手企業に就職することができてしまいます

私も転職時に活用したメイテックネクストでは、ものづくり系職種に絞られる分好条件の大手の非公開求人が多いため、この転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

サイト自体の知名度がそれほど高くなく、電話面談が必須ということから良い条件の求人の倍率が低いのが特徴で、穴場の転職支援サイトです。

私がそうであったように、あなたの得意も必ずあります

あとは行動を起こす勇気だけ。この文章をきっかけに、少しでもあなたの人生が良い方向に進めば嬉しいです。

就職活動
旋盤工のTAKのブログ

コメント